リレーインタビュー

  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社ロッキング・オン・ジャパン「ROCKIN'ON JAPAN」編集長 小栁大輔さんからのご紹介で、株式会社フジテレビジョン ゼネラルプロデューサー 三浦 淳さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社BADASS松川将之さんからのご紹介で、株式会社ロッキング・オン・ジャパン「ROCKIN'ON JAPAN」編集長 小栁大輔さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社BADASS松川将之さんからのご紹介で、株式会社ロッキング・オン・ジャパン「ROCKIN'ON JAPAN」編集長 小栁大輔さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社サウンドクリエーター 安福元柔さんからのご紹介で、株式会社BADASS 取締役 松川将之さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社サウンドクリエーター 安福元柔さんからのご紹介で、株式会社BADASS 取締役 松川将之さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社ジャパンミュージックシステム(JMS) 鈴木健太郎さんからのご紹介で、株式会社サウンドクリエーター 取締役 安福元柔さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社ジャパンミュージックシステム(JMS) 鈴木健太郎さんからのご紹介で、株式会社サウンドクリエーター 取締役 安福元柔さんのご登場です。
  • 今回の「Musicman's RELAY」はジャパンミュージックシステム(JMS) 鈴木健太郎さんのご登場です。基地の街・福生で生まれ育った鈴木さんは小学生の頃からヒットチャートを追いかけ、高校生の頃には音楽業界を志すようになります。大学時代のイベンターでのバイトを経て、ジャパンミュージックシステムに入社。レーベル・プロダクション業務、アパレル業務、ライブイベント「REDLINE」の開催など、JMSの事業を拡大させていきました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」はジャパンミュージックシステム(JMS) 鈴木健太郎さんのご登場です。基地の街・福生で生まれ育った鈴木さんは小学生の頃からヒットチャートを追いかけ、高校生の頃には音楽業界を志すようになります。大学時代のイベンターでのバイトを経て、ジャパンミュージックシステムに入社。レーベル・プロダクション業務、アパレル業務、ライブイベント「REDLINE」の開催など、JMSの事業を拡大させていきました。
  • 神戸で生まれ育った松原さんは高校時代からライブハウスに魅了され、バンド活動の傍ら、バンドを集めてイベントを企画。その後ライブハウスの店長として数多くのミュージシャンたちと交流する中で、彼らの希望を叶えるためにパインフィールズを設立し、レーベルやスタジオ運営など事業を拡げていきます。
  • 神戸で生まれ育った松原さんは高校時代からライブハウスに魅了され、バンド活動の傍ら、バンドを集めてイベントを企画。その後ライブハウスの店長として数多くのミュージシャンたちと交流する中で、彼らの希望を叶えるためにパインフィールズを設立し、レーベルやスタジオ運営など事業を拡げていきます。
  • 大学在学中にバンドでインディーズ・デビューをされた南部さんは、バンド活動と並行して裏方業務を始め、2006年には自身のレーベル"SouthBell"を設立。株式会社ザザでマネージメント業をされる中で、「MAN WITH A MISSION」と出会い、以後、マネージャーとして二人三脚で国内のみならず海外での活動に邁進されています。
  • 大学在学中にバンドでインディーズ・デビューをされた南部さんは、バンド活動と並行して裏方業務を始め、2006年には自身のレーベル"SouthBell"を設立。株式会社ザザでマネージメント業をされる中で、「MAN WITH A MISSION」と出会い、以後、マネージャーとして二人三脚で国内のみならず海外での活動に邁進されています。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は株式会社エンジン 谷口和弘さんからのご紹介で、アソビシステム株式会社 代表取締役社長 中川悠介さんのご登場です。学生時代からイベント運営に携わった中川さんは2007年にアソビシステム設立後、原宿を拠点にファッション・音楽・ライフスタイルといった「HARAJUKU CULTURE」を国内外に発信。原宿のアイコン=きゃりーぱみゅぱみゅを中田ヤスタカらとともにアーティストデビューさせ、ワールドツアーを成功に導きました。現在も自主イベント『HARAJUKU KAWAii!!』など、“アソビシステムらしさ”を存分に発揮される中川さんにじっくりお話を伺いました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」はユニバーサルミュージック 藤倉 尚さんからのご紹介で、株式会社エンジン 代表取締役 谷口和弘さんにお話を伺います。「音楽業界で働く」という志を胸に上京し、OORONG-SHAでマニピュレーターとしてのキャリアをスタートさせた谷口さん。その後、マネージメントの資質を見抜かれ、Mr.Childrenのマネージャーに転身。またMr.Childrenの仕事と並行して、ナオト・インティライミをデビューから今日までサポートし、現在は株式会社エンジンの代表としてご活躍中です。そんな谷口さんにご自身のキャリアから、Mr.Childrenやナオト・インティライミ、そして株式会社エンジンの今後までじっくりお話を伺いました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は伊東宏晃さんからのご紹介で、ユニバーサル ミュージック合同会社 社長兼最高経営責任者(CEO)藤倉 尚さんのご登場です。洋酒メーカーからポリドールへ転職された藤倉さんは、ビーグラム、ポリスター、アンリミテッドレコードと数多くのヒットを生み出したレーベルの現場で奔走。AIや徳永英明のヒットをきっかけにユニバーサルシグマを軌道に乗せ、K-POPブームやカバーアルバムなど新しいジャンルを確立。以後もナオト・インティライミやback number、クリス・ハート、米津玄師など多くの新人アーティストを送り出します。そして、EMIミュージック・ジャパンとの合併後、2014年に若干46歳で社長に就任されました。そんな藤倉さんにご自身のキャリアから、2016年、宇多田ヒカルの復活やRADWIMPSの大ヒットなど、様々な話題を振りまいたユニバーサルミュージックの今後までお話を伺いました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は与田春生さんからのご紹介で、エイベックス・マネジメント株式会社 代表取締役社長 伊東宏晃さんのご登場です。厳格なお父様のもとで育った伊東さんは、中学1年でエレキギターを購入し、東京へ転校後はバンド活動にのめり込みます。一般企業からクリエイティブマックスへ転職後、trfやhitomiの仕事を経て、ある日突然、小室哲哉さんのマネージャーに就任。アメリカ移住も含め約2年、小室さんとともに併走されます。帰国後、エイベックスの作家マネジメント創設の指揮を執り、エイベックスのクリエイティブの根幹を構築。レーベル事業を経て現在はマネジメント部門を統括される伊東さんに、ご自身のキャリアから小室さんとの思い出、そしてマネジメントを含むエンタテインメントという仕事の魅力までお話を伺いました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は松崎澄夫さんからのご紹介で、株式会社ユニバーソウル 代表取締役社長 / 音楽プロデューサー与田春生さんのご登場です。お父上は数々の名曲を生みだしてきた作詞家の橋本淳さんという、音楽業界のど真ん中で育たれた与田さんは、BMGジャパン入社後、ディレクターとして着実に実績を積まれつつ、MISIAと出会い、『つつみ込むように…』で成功へ導きます。ユニバーソウル設立後も、MISIAに加え、AI、加藤ミリヤなど数多くのアーティストをプロデュースされています。今回はユニバーソウルのスタジオで、与田さんの特殊な幼少期から怒濤のBMGジャパン時代、MISIA『Everything』の制作秘話、そして今後のお話までたっぷり伺いました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は酒井政利さんからのご紹介で、音楽プロデューサー松崎澄夫さんのご登場です。渋谷の富ヶ谷、ワシントンハイツのそばで生まれ育った松崎さんはアメリカ文化を肌で感じ、その後、渡辺プロダクションと専属契約をして、アウト・キャスト、アダムスのメンバーとして活動。バンド解散後、渡辺音楽出版へ入社し、音楽プロデューサーとして、キャンディーズやアン・ルイスなど多くのアーティスト、ヒット曲を手掛けられたました。その後、大里洋吉さんの誘いでアミューズへ移られ、2005年には代表取締役社長に就任されます。アミューズから離れられた現在も、音楽の制作現場に立ち続ける松崎さんにじっくりお話を伺いました。
  • 今回の「Musicman's RELAY」は須藤 晃さんからのご紹介で、音楽プロデューサー 酒井政利さんのご登場です。和歌山で青春時代を過ごされた酒井さんは立教大学卒業後、映画制作を目指し松竹入社。その後、音楽業界へ転身され日本コロムビア、CBS・ソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)の音楽プロデューサーとして南沙織、郷ひろみ、山口百恵など数多くのアイドルやアーティスト、そして名曲を送り出してきました。現在もメディアを横断してご活躍されている酒井さんに、その輝かしいキャリアや数々のエピソード、そして、ご自身のプロデュース術まで、じっくりお話を伺いました。