【前半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/03/18 (土) - 03:00
【前半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦

【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン 【前半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
株式会社BM 高橋 良

2017年3月17日掲載


ニューヨークで得た「全てを自分たちでやる」スタイルを日本でも実践僕は元々、高校の途中くらいからクラブDJをやっていたんですが、すぐトラックを作るほうに移行して、20歳のときにお金を貯めて、2002年の1年間ニューヨークに行きました。

当時ニューヨークの知り合いたちは、仲間で部屋を借りて、そこで音楽を録音し、CDも量産したりと、とにかく自分たちでできることをチームでやるみたいな感じだったんです。「これを日本に帰ってすぐにやりたいな」と思って、21歳で帰国して、1年間くらい金を貯めて、板橋区の地下物件にスタジオを作りました。

そのスタジオは最初自分たちだけで使っていたんですけど、「使わせてよ」みたいな話が結構来て、それこそSEEDAくんの『花と雨』のプリプロとかも大体うちで録っていたりしたんですが、スタジオ貸しも始めつつ、ヒップホップのプロデューサーの地位を向上させるために、仲間たちと組合的なプロダクションを作って、SIMONたちとレコーディングばかりの時期に突入したのが20代半ば、2006年くらいです。

当時は何個かメジャー仕事みたいなのをやってみたんですけど、やっぱり「これをやるなら違う仕事をしたい」と思って。それ以外の仕事で結構稼いでいましたし、「大手レーベルに合わせて作る」みたいなのが自分の中ですごくストレスで、そういった仕事には早いうちに見切りをつけちゃいました。

「メジャーに本格的なヒップホップが食い込んでいけないな」みたいな。それなりにやっていたんですけど、ちょっと違うことがやりたくてSIMONと制作が分かれることになり、当時“しゃべるDJ”っていうのがアメリカにいて、それを日本でやっていたDJ TY-KOHと一緒にやるようになり、SIMONも絡めて何個かミックステープを出します。

DJ TY-KOH feat. SIMON『Tequila, Gin Or Henny』がHOT 97で流れる快挙を達成その後、DJ TY-KOH feat. SIMONとして『Tequila, Gin Or Henny』という曲を出しました。これは「ビートジャック」という既存音源のインストを使った替え歌みたいな曲なんですが、当時「日本でまだやっていないからやろう」と、ロイド・バンクスの『Beamer, Benz, or Bentley』を『Tequila, Gin Or Henny』と車じゃなくてお酒をタイトルにして曲を作ったんです。そして、HOT 97のDJのKast Oneが来日したときに曲を渡したら、その曲がHOT 97で掛かったんです。

それが日本人のヒップホップで初めて流れた曲で、今自分がしている活動よりはバズが小さかったんですけど、日本のヒップホップの中では、「HOT 97で流れたぞ!」ってすごく話題になりました。もうそこから『Tequila, Gin Or Hennyミックステープ』っていうのを1カ月半くらいですぐ作って、「これでツアーしよう!」と。

その頃、アメリカの動きをチェックしていると、みんな音源を出して、ツアーをやっていたんですよ。そのときは理由がわからなかったんですが、フィジカルの音源が売れなくなって、ダウンロードが主流になり、身入りが減ってきたから「ツアーで稼ごう」という状況だったんですかね。

それまでは「無料でもなんでもいいからライブでもフェスでも出て、知名度を上げて音源を買ってもらおう」っていう考えだったと思うんですが、もうアメリカは「ライブで稼ぐ」という次の段階に行っていたので「これだ!」と思いました。

僕がSIMONとやっていたときに各地でライブを一緒にやっていたつながりがあったので、ライブハウスに一軒ずつ電話をかけて「ツアーやりませんか?」と持ちかけました。「今アメリカでみんなやっているんですよ」と。結局、全国20カ所くらいでツアーをやりました。

株式会社BM 高橋 良 氏全てを自分たちで手掛けたPVで世界との繋がりを体感する『Tequila, Gin Or Henny』はPVも作りました。SIMONと活動していたときですが、やっぱり駆け出しの頃ってPVを撮りたくなるんですよ。僕はPVマニアで、当時からPVを観まくっていて、「映像も音楽もいっぺんに観られるPVが一番かっこいい」と思っていました。

それで映像制作会社にお願いして撮っていたんですけど、「この人のこの曲のPVみたいにやってほしい」ってお願いしても、何かやっぱり違うんですよ。それはそうじゃないですか、やっぱりその人のスタイルじゃないのを「こうやってくれ」って無理やりやってもらっているので。それでも若者の心をヒップホップ化してくれるような監督さんと知り合って、その人なりには考えてくれていたんですけどね。

ただその制作会社の人も、「基本的にお任せで」っていうのが多かったと思うんですよ、当時ヒップホップとかインディーズの世界だと。でも僕は「やりたいことはこれなので、それを形にしてください」とディレクター、プロデューサーみたいな立ち位置でどんどん意見を言っていたので、「なんだコイツ」みたいなことを当時思われていたと思います(笑)。



『Tequila, Gin Or Henny』がHOT 97で流れて「これヤバいぞ、どうしよう」と思って「PVをすぐ作ろう」となったときに、ふと「これ、レーベルと一緒で自分で出来るんじゃないかな?」と思っちゃったんです。ちょうどその頃、キヤノンの5D MarkIIという、動画も作れるデジタル一眼レフカメラの存在を知り合いから聞いて、それを借りて、生まれて初めて自分でPVを撮ってみたんですよ。

今観るとコーデックとかもバラバラなんですが、この「酒が出てきて、女が踊って」という、当時誰もやっていなかったベタな感じを絶対に最初にやりたくて。それで2010年の3月にYouTubeにアップしました。

今から見るとそこまで再生回数が回っていないんですが、当時、1日例えば1000回まわったとか、3000回まわったとかでも、すごいことだったんですよ。コメント欄に何人か外国人も来て、「うわ、世界に届いているぞ!」みたいな、自分ら的にはそんな勘違いもして(笑)。でも、Kast Oneが掛けてくれたっていうのは事実で「アメリカでも評価された」みたいな空気にすごく勇気づけられました。

▼インタビュー後半はこちらから!
【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦▼インタビュー後半はこちらから!
【後半】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦



 【特集】ミレニアル世代のアーティストが創る新たな音楽シーン
 

text_lf2back number、雨のパレード、Little Glee Monster

【01】back number、雨のパレード、リトグリ担当者が語るレコード会社のこれから
ユニバーサル ミュージック 藤田武志
ビクターエンタテインメント 池上健一郎
ソニーミュージックレコーズ 井藤叙彦
text_lf2Northern19

【02】ストリーミングとソーシャルはアーティストをどう変化させたのか
スポティファイジャパン 野本 晶




text_lf2Northern19

【03】「賢い」新世代アーティストたちとパッケージを取り巻く現状
タワーレコード 石黒大貴




text_lf2クリエイティブマンプロダクション 目黒 裕一氏

【04】「生である」ライブの優位性を生かしつつ、包括的なビジネスモデルを模索
クリエイティブマン 目黒裕一
text_lf2株式会社BM 高橋 良 氏

【05】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦【前半】
BM 高橋 良
text_lf2株式会社BM 高橋 良 氏

【06】インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦【後半】
BM 高橋 良

■block.fm:http://block.fm/
■block.fm twitter:https://twitter.com/blockfmjp
■block.fm facebook:https://www.facebook.com/Block.FM.Tokyo