米津の新曲1位へ、要注目さなり急浮上、11曲チャートインのaikoが南キャン山里の番組で感涙【エアモニ】

2019年6月12日 16:04

今週、2019年6月12日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2019年6月3日〜6月9日プランテック調べ)では、米津 玄師「海の幽霊」が首位を獲得した。

6月7日公開のアニメーション映画『海獣の子供』主題歌で、3日にデジタル配信された同曲。映画公開とリリースが重なった週とありオンエア数も増加、先週5位から上りつめた。さっそく今週最多となるリクエスト数を集めるとともに、複数番組でのコメントゲストも印象的だった。さすがの注目度で全国広範囲にわたるオンエアが見られた。

2位は弱冠16歳の新人ラップアーティスト、さなり「嘘」が先週57位から急浮上した。収録された1stアルバム「SICKSTEEN」の6月5日リリースを受け、オンエア数が急増。多数ステーションでパワープレイにも選ばれた。また、今週はゲスト出演も積極的で、6日放送のbayfm「暴走ぱんちらいん」ではDJの輪入道と生フリースタイルを披露した。

なお、1位のオンエア回数との差はわずか3回だった。アルバム収録曲から「Mayday」(今週83位)をパワープレイに選出したステーションも幾つかあった(J-WAVEやZIP-FM、bayfm等で「Mayday」の方がオンエア多)。これが仮に「嘘」が選ばれていれば、間違いなく1位を獲得したであろう。デビューアルバムながら複数曲がオシ曲に選ばれた点からは、その音楽の裾野の広さが窺える。また一人、ラジオから要注目の新人アーティストが登場したと言えよう。

3位はサカナクション「忘れられないの」が先週とほぼ変わらないオンエア数を確保し死守した。収録されるニューアルバム「834.194」のリリースが6月19日のため、次週も大量オンエアが見込める。6年ぶり、かつ発売日が一度リスケされたニューアルバムとあり、ファンも手に取るのを待ち望んでいることだろう。リクエストが安定数集まっている。
 

「aikoの詩。」から11曲チャートイン、結婚会見直後の山里の番組に出演し感涙


5日にリリースされたaikoのシングルコレクション「aikoの詩。」より、計11曲が今週のTOP200圏内にチャートインした。最上位となったのは47位の「花火」で、同曲含めほとんどの曲にリクエストが寄せられた点は、自らラジオを愛し、そしてリスナーに長年愛されるaikoらしいもの。リクエスト最多は次点となった「ボーイフレンド」(54位)だった。

以下、同作から「カブトムシ」(63位)、「ストロー」(72位)、「キラキラ」(98位)、「milk」(127位)、「もっと」(142位)、「アンドロメダ」(150位)、「蝶々結び」(167位)、「シアワセ」(194位)、「雲は白リンゴは赤」(194位)がチャートインした。

なお、今週は各局の番組にも多数ゲスト出演しており、リリース日当日には結婚会見を終えたばかりの南キャン山里の番組「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)に登場。作品の話をしながらも事ある毎に山里と蒼井優の話にすり替え、リスナーを想うaikoの気遣いもみられた。

また、自ら選曲した「シアワセ」紹介時には“おめでとうございます”と添え、リスナーからの“「ストロー」の歌詞バリにいつか良いことがあるよう祈っていた”等の祝福メッセージの数々に、涙し声を震わせる山里に「ガンバレ!」と声を掛けつつ、スタジオ内では自身も涙を流したようだ。aikoの音楽、愛ある人柄が感動的な放送回に華を添えた。
 

RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2019年6月3日〜6月9日)
1.海の幽霊 / 米津 玄師
2.嘘 / さなり
3.忘れられないの/ サカナクション
4.Pretender / Official髭男dism
5.Pool / SIRUP
6.優しいあの子 / スピッツ
7.ネヴァー・リアリー・オーバー / ケイティ・ペリー
8.アイ・ドント・ケア / エド・シーラン&ジャスティン・ビーバー
9.Remember Me / MAN WITH A MISSION
9.のめりこめ、震えろ。/ Tempalay

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング
調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。