Mrs.GREEN APPLEが首位、山本彩が圏外から2位へ、あいみょん3位死守、H.E.R.O.がロックファンの耳を引く【エアモニ】

2019年4月10日 18:21

今週、2019年4月10日発表のラジオ・オンエアチャート(集計期間:2019年4月1日〜4月7日 プランテック調べ)では、Mrs.GREEN APPLE「ロマンチシズム」が1位を獲得。先週11位から一気に上りつめた。

3月11日〜17日チャートで100位に初登場して以降、徐々にオンエア数を伸ばし4週目にしての首位獲得。先週からオンエア数は2.5倍以上に急増し、4月3日のシングルリリース週に合わせて理想的なチャートアクションを見せた。

TOKYO FMほかJFN系列で放送の番組『やまだひさしのラジアンリミテッドF』ではコメント出演しており、髙野清宗(Ba)の最初に買ったCDはKinKi Kidsの「硝子の少年」としていた。

2位は山本 彩の「イチリンソウ」がチャートデビューを飾った。自身1stシングルにして、ユニバーサルミュージック移籍第一弾ともあり、全国広範囲にわたってパワープレイを多数獲得。FM/AMともにオンエアが見られるなか、自らの出身地でもある関西エリアでのオンエアが特に目立った。リリースは4月17日とまだ先のため、今後更にオンエア数が伸びることも期待できる。

3位はあいみょん「ハルノヒ」が死守。オンエア数自体は先週より増えているものの、上位2曲がそれにも勝ったかっこうだ。こちらもシングルリリースは17日、主題歌となる『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』の公開は19日と、今後さらに注目されると共にオンエア数も増えていくだろう。

また、リクエスト数は先週の倍近く集まり、今週ダントツの最多。チャートイン3週での大量オンエアにより、リスナーへ広く訴求していった証だろう。

 

新人アーティストが続々上位に初登場、久々の本格メロディック・ロックに期待


今週のTOP10は、上述の山本 彩はじめ計5曲がチャートデビュー曲で、7位のKing & Prince「君を待ってる」は先週47位からの急上昇。Mrs.GREEN APPLE含め先週から7曲が入れ替わる結果となった。4月の初週ともあり、H.E.R.O.「スーパーパワーズ」(4位)、Homecomings「Cakes」(6位)、ReN「HURRICANE」(7位)、MINT mate box「hanabi」(9位)と、新人アーティストが目立つ点にも注目だ。

特にデンマーク出身ロックバンド“H.E.R.O.”は、久々の本格的メロディアス・ロックということもありリスナーの耳を引いたことだろう。チャート初登場にも関わらず、早くも洋楽部門最多となるリクエスト数を集めた。ちなみに、新元号“令和”で一躍注目を浴びたデレク&ドミノス「いとしのレイラ」と、現在日本で展覧会が開かれているザ・ローリング・ストーンズの「スタート・ミー・アップ」のリクエスト数もこれと同着。同2曲はいずれも時事的に注目されての事だけに、H.E.R.O.へ寄せられたリクエスト数がいかなるものか分かるだろう。

スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼズ)のオープニングアクトとして日本公演も行っているほか、FM802『ROCK ON』、FM FUJI『ROCKADOM』、bayfm『POWER ROCK TODAY』といった番組では2年以上も前から紹介されているなど、既にロックファンの間では注目株の彼ら。関西、九州エリアを中心に多数パワープレイを獲得しており、アルバム『ヒューマニック』の4月24日リリースに向けて訴求するべく大量オンエアが続く。久しぶりの本格的洋楽ロックがラジオ発によりどんな結果を残すのか、期待したいところだ。

 

 

RADIO ON AIR DATA

(集計期間:2019年3月25日〜3月31日)
1.ロマンチシズム / Mrs.GREEN APPLE
2.イチリンソウ / 山本彩
3.ハルノヒ / あいみょん
4.スーパーパワーズ / H.E.R.O.
5.HAPPY BIRTHDAY / back number
6.Cakes / Homecomings
7.君を待ってる / King & Prince
7.HURRICANE / ReN
9.hanabi / MINT mate box
10.Aurora / BUMP OF CHICKEN

ラジオ・オンエアモニタリング(エアモニ)・ランキング
調査基準:本ランキングは調査対象局において下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
・1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。