2019年度MPA音楽著作権管理者養成講座、3/25より受付

2019年3月6日 10:07

日本音楽出版社協会(MPA)は、2019年度音楽著作権管理者養成講座の受付を3月25日より開始する。

著作権法(TPP11に係わる改正等)、判例、著作権等管理事業者(JASRAC、NexTone)の業務、作家との契約や原盤制作といった音楽出版社の業務に係る基本的な内容から、アニメ、ライブ、音楽配信ビジネス、AI・IoT等の次世代ネットワークと著作権、フィンガープリント技術を応用した著作権使用料等の徴収・分配、海外著作権動向など、最新の音楽ビジネスの動向も網羅し、総合的に学ぶことができる内容となっている。

受講のお申込みは、MPAのウェブサイトまで。