エイベックス、ライヴ配信者支援事業のTWHと美容系YouTuber事業のMAKEYを子会社化

2019年3月4日 13:55
エイベックス、TWH

エイベックスは、ライヴ配信者支援事業等を展開するTWHの株式を取得し、子会社化した。

TWHは、「それぞれの才能をカタチに」をビジョンに掲げ、ライヴ配信者のようなネット分野におけるクリエイターを支援する「クリエイター・エージェンシー事業」、ライヴコマースコンテンツ配信に特化したクリエイター・インフルエンサーを支援する「ライヴコマース事業」、アニメーションキャラクターによるバーチャルライヴ配信の支援やIP開発等を行う「バーチャル・キャラクター(VTuber)事業」を手掛けている。
 

エイベックス、TWH


SHOWROOMのTOPクリエイターであるcocona*を筆頭に、多数の人気ライヴ配信者がTWHから輩出されている。

今回の子会社化により、個人クリエイター育成の新しいノウハウを蓄積するとともに、個人クリエイター人材の発掘・育成のスキームも確立し、世の中に新たな価値を提供する。そして、エイベックスの所有するインフラを使用することにより、音楽制作や配信、マスメディア出演などといった芸能活動のサポートも行い、様々な分野への進出を促進する。
 

エイベックス、MAKEY


また同社は、美容系YouTuber事業とメイク・コスメ情報共有メディア「MAKEY」の運営を行っているMAKEY(メイキー)の株式を取得し、子会社化した。
 

エイベックス、MAKEY


MAKEYは、「一般人が人気者になるシンデレラストーリーを創出すること」をビジョンに掲げ、自社メディアから、YouTube上で動画コンテンツを発信するクリエイターを発掘・育成している。現在、こばしり。、ゆきだるま、透(トオル)といったMAKEY発のクリエイターが多数所属している。

この子会社化により、MAKEYの持つ「クリエイター発掘・育成の仕組み、美容系コンテンツのプロデュース力」を同社の事業に取り込むとともに、同社がこれまで培ってきたノウハウを活用し、「クリエイターの音楽・ライヴ・グッズ販売等の芸能活動の支援」「マスメディア露出のサポート」「アーティストとクリエイターのコラボレーション」「クリエイターのマルチプラットフォーム展開」等を行い、全方位でクリエイターをサポートし、新しい時代の人気者の創出を促進するとしている。