ユニバーサルミュージック買収候補に中国テンセントと米投資会社が浮上、オファー2兆円規模の可能性

2019年3月1日 13:21

世界最大のレコード会社ユニバーサル・ミュージック・グループの買収を目指して、中国のIT企業大手のテンセントが運営するTencent Musicと、米国の投資会社KKRが動いていると、ロイターが報じている。

買収の詳細は不明だが、最大50%の株式取得を目指す買収額はそれぞれ最大200億ユーロ(約2兆5340億円)にまで跳ね上がると見られ、巨額の資金がUMG買収で動きそうだ。

ユニバーサルミュージックの親会社であるフランスのメディア会社ヴィヴェンディは、ユニバーサルミュージック買収を主導する投資銀行の選択に入ったともロイターは伝えている。銀行は3月中に決定し、売却プロセスは2019年Q2(4-6月期)に始まる可能性が高い。

ヴィヴェンディではユニバーサルミュージック売却の交渉がすでに入札を希望する企業と非公式レベルで進んでいることも明らかになった。
 

ユニバーサルミュージック買収候補に中国テンセントと米投資会社が浮上


ユニバーサルミュージックが発表した2018年の業績は、売上高がグループ全体で60億2300万ユーロ(約7,648億円)。2018年から10%と増加を遂げた。特に、音楽サブスクリプションからの売上高が顕著に成長に貢献している。前年比37.3%増の25億9600万ユーロ(3298億円)だった。
 


 

jaykogami
記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook