音楽メディア「Pitchfork」、2019年内に有料メディア化へ

2019年1月25日 13:57
Pitchfork ロゴ

音楽メディア「Pitchfork」は2019年内に有料メディアに変わる可能性が出てきた。

Pitchforkを運営するメディア会社大手「コンデナスト」のCEO、ボブ・サウバーグ(Bob Sauerberg)が社内向けに公開したメモによれば、同社が運営する全メディアに2019年末までに「ペイウォール」(サブスクリプション)を導入し、コンテンツの課金を始める戦略を明らかにした。

Pitchforkだけでなく、コンデナストが運営する「Wired」「The New Yorker」「Vogue」「GQ」「Vanity Fair」などのメディアで課金が始めれば、これまで無料でメディアを見ていたユーザーに大きな影響を与えることとなる。
 

音楽メディア「Pitchfork」、2019年内に有料メディア化へ


コンデナストはすでにThe New Yorker、Wired、Vanity Fairで有料化を始めていた。ユーザーは月間で無料で読めるのは4記事までとなり、それ以降はサブスクリプションが必要となる。サブスクリプションを導入したThe New YorkerとWiredは、オーディエンスが12%増加したことを同社は明らかにしている。

サウバーグは全てのメディアをサブスクリプション化することを明らかにしたが、読める記事数や価格は明らかにしていない。

関連記事: 「音楽愛好家の場を広げたい」音楽メディア「Pitchfork」編集長が交代。ライアン・シュライバーは相談役に

1995年にローンチしたPitchforkは、2015年10月にコンデナストによって買収された。

2019年に入り、創業者で長年編集長を務めてきたライアン・シュライバー(Ryan Schreiber)はPitchforkとコンデナストを退職すると発表した。また2018年には編集長の交代があり、SPINの編集長だったPuja Patelが新編集長に就くなど、メディア内でも変化が起きていた。

長年フリーで読めるPitchforkは、ブログ発の音楽メディアの成功例として、2000年代以降の音楽メディアのトレンドを作った。それまで雑誌中心だった音楽メディアのパワーバランスがオンラインへ一気に移行したことの背景にはPitchforkの影響があったとも言えるだろう。
 


 

jaykogami
記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook