ウドー、50年の歴史とともに海外アーティスト招聘の軌跡をたどる展覧会を3月に開催

2019年1月22日 11:33
「UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡」オフィシャルサイト

ウドー音楽事務所の50周年を記念した展覧会「UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡」が、3月8日より有楽町マルイで開催される。

半世紀にわたるコンサート制作の中で、来日したアーティストが創業者の有働誠次郎氏や社員に残したギターやサインなど、貴重な品々を一堂に展示。エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、リッチー・ブラックモア、サンタナなど、レジェンド・ギタリスト達からウドー音楽事務所に贈呈されたギターが一堂に会す。さらに、それらのギターを手にとることができる体験企画も実施する。

また、リッチー・ブラックモアのステージ衣装や、ボブ・ディランの直筆メッセージが入った初来日公演のポスター、ジョージ・ハリスンからプレゼントされたメッセージ・ブック、日本滞在中の秘蔵オフショット写真、関係者だけに配られたグッズや、ゴールドディスク、ツアーパス、ピックなどの貴重なアイテムを多数展示する。