宇多田ヒカルVRコンテンツ一般配信記念で、梶望氏ら開発者によるトークイベントが開催

2019年1月21日 11:13
宇多田ヒカルVRコンテンツが一般公開、梶望氏ら開発者によるトークイベントが開催

宇多田ヒカルのPlayStation(R)4用(以下PS4(R))VRコンテンツ「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018-“光”&“誓い”-VR」が1月18日にPlayStation(TM)Storeで一般配信されることを記念し、渋谷モディ1階にあるソニースクエア渋谷プロジェクトで、VRコンテンツの開発者による公開トークイベントが開催された。

トークイベントでは、今まで宇多田ヒカルの数々のミュージックビデオおよび今回のPS4(R)用ソフトウェアVRコンテンツを含むライブ映像作品を多数手掛けてきた映像ディレクターの竹石渉氏氏、本作プロデュースを務めたソニー・インタラクティブエンタテインメントの多田浩二氏、そして技術面をサポートしてきたソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの林亮輔氏、宇多田ヒカルのマーケティング担当としてソニー・ミュージックレーベルズ梶望氏の4名が登場した。本作の制作秘話など、ここでしか聞けない話を紹介した。 

ソニーの最新テクノロジー×コンテンツ×クリエイターが集結
一丸となってプロジェクトを実現
 

プロジェクトのきっかけについて、ソニー・ミュージックレーベルズの梶氏は、「僕は2017年にソニーミュージックに移籍したのですが、ソニーグループ全体でいろんなことができるので、これまでできなかったことがソニーなら実現可能かもしれないということが多くありました。そこで、2018年にはヘッドホンでタイアップし、2019年は「KINGDOM HEARTS」シリーズの最新作のリリースもあり、その機会にソニー・インタラクティブエンタテインメントと何か一緒に組めたらというご相談をしたところ、今回のプロジェクトの話が上がりました」と述べた。

それを受けてソニー・インタラクティブエンタテインメントの多田氏は、「ソニー・インタラクティブエンタテインメントでは、年末に宇多田ヒカルが20周年のライブを行うとのお話をお聞きし、このプロジェクトを開始することになりました。そして、実現に際しては、既にソニー・ミュージックエンタテインメント中心にソニーグループが技術を提供して取り組んでいた“VRを使った新しいライブ映像体験”を検証する『PROJECT LINDBERGH(プロジェクト リンドバーグ)』に協力してもらいました」と話した。

「至高のライブ体験」実現に向けて、 新たなVR表現への挑戦

制作過程については、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの林氏より、「今回は『至高の音楽ライブVR体験』でした。肝になるのは『高品位映像』と『斬新なVRならではの演出』です。広い上に暗いコンサート会場でスポットライトを浴びた被写体の撮影なので、高解像度でダイナミックレンジが広く、ノイズの少ない映像が要求されました。そこで業務用小型4Kカメラと最新の映画製作用6Kカメラを組み合わせてVR映像を撮影しました。また、撮影中はその場で監督が指示を逐一出す必要があるため、ヘッドセットをつけて撮影を行いリアルタイムにモニタリングできるシステムを開発しました。監督からは、特に演出面で、宇多田ヒカルの目線を感じる3D、さらに近距離での撮影を要望いただき、我々エンジニアも今までにない撮影に向けて、開発・実験を続け、今回クレーンでの視点移動撮影にもチャレンジしました。竹石監督の撮影でのこだわりを実現するためのコラボレーションはとても勉強になりました」と語った。

こだわったのは「宇多田ヒカルの動き方と、3Dカメラの高さ」

竹石氏はこだわりについて、「今回一番こだわったことは、被写体である宇多田さんの動き方でした。宇多田さんには、VR撮影におけるカメラの存在について、普段のライブとは異なり、VR体験をされるのは1名のユーザーの方となるため、カメラを見つめて歌うことでたった1名のお客様に対してとても魅力的に歌を届けることができるという話をしました。カメラとの距離についても、テスト映像を宇多田さんに見せて理解してもらいながら、共に創り上げました。また、ユーザー体験のほぼ大半を左右するくらいに重要なカメラの高さ、カメラと宇多田さんの位置関係や距離については、カメラの位置を1cm単位で移動させるなど細かなテストを重ねました」と語った。

ゲームの枠を超えて、音楽の枠を超えて、
ソニーグループが共に創り上げるエンタテインメントの可能性


PS VRはゲーム専用という印象も世間では強いが、様々な領域に挑戦を続けている。そして、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの多田氏は「今回の作品のように、VRによって初めて実現できる映像体験には今後も積極的に取り組んでいきたいと考えています」と意気込みを語った。

さらに、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの林氏からは「ゲーム以外のVRコンテンツとして音楽ライブの実写は非常にポテンシャルがあると思っており、ソニーグループ内の横断プロジェクト『PROJECT LINDBERGH』にて、様々な音楽コンテンツの撮影手法をクリエイターの皆さまと一緒にテストしております。今後もクリエイターの皆さまと一緒に、新しいチャレンジをしていきたいと思います」と展望を述べた。

宇多田ヒカルをはじめ、多くのアーティストが所属するソニー・ミュージックレーベルズの梶氏からは、このような音楽体験の広がりをうけて、「ただやみくもにVRが面白いから使うというのではなく、どういうストーリーの延長でその体験があるのかがすごく大事だと感じました。今後もソニーグループで共創し、ソニーならではの体験を作ることで、ヒットを生み出していきたいと思います。そのために、今後もいろんなことにチャレンジしていかなければと思っています」と述べ、イベントを締めくくった。

宇多田ヒカルVRコンテンツが一般公開、梶望氏ら開発者によるトークイベントが開催
写真上段左から:DJ TARO氏、多田浩二氏、林亮輔氏 下段左から:梶望氏、竹石渉氏氏