ホステス、米国7レーベルとの長期的ライセンス契約を締結

2010/10/13 (水) - 09:00

ホステス・エンタテインメントは、現在のアメリカ音楽シーンを代表する独立系レーベル7社と、日本でのCDおよびデジタル販売流通・ マーケティング・宣伝に関わる業務全般を請け負う長期的ライセンス契約を締結した。

今回契約に至ったのは、Carpark Records(カーパーク・レコーズ)、Paw Tracks(ポウ・トラックス)、Secretly Canadian(シークレットリー・カナディアン)、Jagjaguwar(ジャグジャグウォー)、Dead Oceans(デッド・オーシャンズ)、Fat Possum Records(ファット・ポッサム・レコーズ)、Rekords Rekords(レコーズ・レコーズ)の7レーベル。

今後は、10月27日発売予定エイヴィ・テア(アニマル・コレクティヴ)による初ソロ・アルバム『ダウン・ゼア』(Paw Tracks)を皮切りに、11月24日発売予定ザ・ウォークメン『リスボン』(Fat Possum Records)、クロコダイルズ『スリープ・フォーエヴァー』(Fat Possum Records)、ブラック・マウンテン『ウィルダーネス・ハート』(Jagjaguwar)などをリリースし、12月には、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジによる幻のファースト・アルバム『クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ』(Rekords Rekords)のリマスター盤再発も予定されている。

▼ホステス・エンタテインメント(ホステス株式会社)
 → http://hostess.co.jp/
 


【関連記事】
ベガーズ・グループがホステスと提携、日本法人を設立
ソニーとホステス・エンタテインメントが業務提携を発表
ホステス、3/1よりBMG Japanと販売提携を開始