SME、日本初のハイレゾおよびCD音質の定額制ストリーミング音楽配信 来年初春より開始

2018年12月10日 11:22
mora qualitas(モーラ クオリタス)


ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、国内で初めてLossless(可逆)圧縮方式の高音質ストリーミングを中心とした、音楽配信サービス「mora qualitas(モーラ クオリタス)」を2019年初春より開始すると発表した。月額は1,980円+税。

SMEは、本サービスのプラットフォーム・技術提供パートナーとして、napster(ナップスター)ブランドで世界34カ国でストリーミングサービスの運営実績があるアメリカのラプソディー・インターナショナルと業務提携し、グローバルでの展開も視野に入れてサービスの提供を行っていく。

mora qualitasは、「アーティストが創り上げた作品をユーザーにじっくりと聴いてほしい」という思いから企画された。アーティストにとっては創り上げた作品をその原型にできるだけ近い形でユーザーに伝えることは悦びであり、ユーザーにとってはその音をじっくりと聴くというアティテュードに、必ず新しい発見があるからだ。

日本で初めてハイレゾ音源を取り扱う定額制ストリーミング音楽配信サービスとなり、24bit/96kHzまでのハイレゾ音源および、CD音質の音源を、まずはPCユーザーに向けて提供し、次世代高速モバイル通信システム“5G”の実用化を目処に、スマートフォン向けのサービス展開も予定。さらにはオーディオ機器を中心とした、その他のハードウェアや音楽アプリとの連携も視野に入れているとのこと。

また、本日付けでサービスの専用サイトをオープンし、NEWSLETTER登録の受付を開始した。今後、先行体験に関する情報やスタートアップキャンペーン、サービス開始スケジュールなどの詳細については、NEWSLETTERにて順次公開される。