オリコン週間“本” 11/26〜12/2、マキシマム ザ ホルモン アーティスト作品初のジャンル別「コミックエッセイ」1位に

2018年12月7日 11:11
マキシマム ザ ホルモン「これからの麺カタコッテリの話をしよう」

12月7日発表の最新オリコン週間BOOKランキングでは、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンの「これからの麺カタコッテリの話をしよう」が、週間売上8.1万部で2位にランクイン。ジャンル別「コミックエッセイ」では1位を獲得した。

アーティストによるコミックエッセイのBOOK2位はこれまでの最高位となり、2008年4月7日付よりスタートしたオリコン週間"本”ランキングでは、ジャンル別「コミックエッセイ」での1位は本作が初となる。

本作は、「新曲CD+読切漫画」という書籍形態で発売された、マキシマム ザホルモンの約5年半ぶりとなる新曲パッケージ。CDにはタイトルチューンの「maximum the hormone Ⅱ 〜これからの麺カタコッテリの話をしよう〜」など新曲4曲にボーナストラックを加えた全5曲を収録。

「読切漫画」は、メンバーのマキシマムザ亮君が監修・脚本を⼿がけ、昨年9月より漫画雑誌『コロコロアニキ』(小学館)で連載中の「マキシマムザ亮君の必殺!!アウトサイダー広告代理人」を、未発表の最終話も含め全192Pで掲載している。

オリコン調べ(12月10日付:集計期間:11⽉26日〜12⽉2日)