Billboard JAPAN HOT ALBUMS(12/3付)、西野カナのベスト2作品が総合TOP1・2独占 [ALEXANDROS]の7thが続く

2018年11月28日 17:00
西野カナ「Love Collection 2 〜pink〜」

2018年12月3日付(集計期間:2018年11月19日〜11月25日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、西野カナのベストアルバム2作品がトップ2を独占した。

今年デビュー10周年を迎えた西野が、5年ぶりのベスト・アルバムとして11月21日にリリースした「Love Collection 2 〜pink〜」と「Love Collection 2 〜mint〜」が、それぞれ58,154枚と57,019枚を売り上げ、フィジカル・セールス部門の1位と2位を独占したことは既報の通り。

他指標では「Love Collection 2 〜pink〜」がダウンロード3位、ルックアップ4位、「Love Collection 2 〜mint〜」がダウンロード4位、ルックアップ6位となっており、全指標で上位を維持していることから、次週以降も好調なチャート・アクションを見せるのではないかと思われる。

なお、同一アーティストによる“HOT ALBUMS”トップ2独占は、2018年5月21日付のLiSA以来の達成で、2018年に入ってから2組目となる快挙だ。

[ALEXANDROS]の約2年ぶり、通算7枚目のオリジナル・アルバムとなる「Sleepless in Brooklyn」は、フィジカル・セールス3位、ダウンロード5位、ルックアップ2位をマーク、総合3位にデビューした。また、「ラブライブ!」シリーズの最新作で、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のデビュー・アルバムとなる「TOKIMEKI Runners」は、フィジカル・セールスで[ALEXANDROS]に続く4位をマークしたものの、他指標が振るわず総合5位に。

その虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会を抑え、当週総合4位に入ったのは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のオリジナル・サウンドトラック。総合順位こそ前週から2つ落とす形となったが、フィジカル・セールス前週比156%、ダウンロード前週比121%、ルックアップ前週比128%と、全指標が右肩上がりの成績を記録した。また当週は、このサントラを除き、計5作品のクイーンのアルバムが100位内に入っているが、いずれも前週から順位を上げている。

興行通信社によると、日本公開から3週目を迎えた映画の興収も前週を上回っているようなので、6週目のチャートインとなったサントラも、いまだ訴求の伸びしろが残っていると言えるのかもしれない。引き続き動向を追っていきたい。

そのほか当週は、声優の神谷浩史による7枚目のミニアルバム「TOY BOX」、2019年春に自身初のホール・ツアーを行うClariSの約2年ぶりオリジナル・アルバム「Fairy Party」が初登場トップ10入りを果たした。

【HOT ALBUMS】トップ20
1位「Love Collection 2〜pink〜」西野カナ
2位「Love Collection 2〜mint〜」西野カナ
3位「Sleepless in Brooklyn」[ALEXANDROS]
4位「ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)」クイーン
5位「TOKIMEKI Runners」虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
6位「クイーン・ジュエルズ」クイーン
7位「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼
8位「TOY BOX」神谷浩史
9位「Fairy Party」ClariS
10位「BOOTLEG」米津玄師
11位「グレイテスト・ヒッツ」クイーン
12位「LOOKING FOR THE MAGIC」GLIM SPANKY
13位「夢眠時代」夢眠ねむ
14位「重力と呼吸」Mr.Children
15位「DELTARUNE Chapter 1 オリジナルサウンドトラック」(ゲーム・ミュージック)
16位「正しい偽りからの起床」ずっと真夜中でいいのに。
17位「wizard」ビッケブランカ
18位「アンコール」back number
19位「ラブとポップ 〜好きだった人を思い出す歌がある〜 mixed by DJ和」DJ和
20位「デュエル・ギグ!VOL.3」(ゲーム・ミュージック)