Billboard JAPAN【先ヨミ・デジタル】OxT「UNION」が2.7万DLで現在首位 米津玄師「Flamingo」は累計10万DL突破

2018年11月9日 17:19
OxT「UNION」

GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2018年11月5日〜11月7日の集計が明らかとなり、OxT「UNION」が27,111DLを売り上げて首位に立っている。

オーイシマサヨシとTom-H@ckによるユニットOxTの最新シングル「UNION」は、10月6日よりTOKYO MXほかにて放送中のTVアニメ「SSSS.GRIDMAN」OP主題歌。同アニメは1993年に放送された特撮番組「電光超人グリッドマン」をリメイクしてアニメ化したもの。シングルには「電光超人グリッドマン」の主題歌カバー「夢のヒーロー OxT ver」が収録されており、こちらは初動3日間で6,748DLを売り上げ、現在8位につけている。

前週の週間ダウンロード・ソング・チャートで、83,102DLを売り上げ首位となった「Flamingo」をはじめ、全4曲をトップ5内に送り込んだ米津玄師は今週も好調。「Flamingo」は今週に入ってから21,230DLを売り上げて現在2位、累計10万DLを突破した。また「Lemon」は14,465DLで3位、「TEENAGE RIOT」は10,135DLで6位にそれぞれエントリーしており、今週は今のところ3曲がトップ10入りしている。

米津「Flamingo」と同じく2週目の集計となったUru「プロローグ」は、13,020DLを売り上げて現在4位、累計は5万DLを超えた。また、Shuta Sueyoshi feat. ISSA「Over "Quartzer"」は、11月4日にフル配信が解禁となり、今週10,781DLを売り上げて5位に入った。

そのほか今週の初登場作品としては、CD発売に先駆けて配信限定スペシャル・エディションがリリースされた乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」表題曲が9,706DLで7位、11月2日に日本公開となるマーベル映画『ヴェノム』の日本語吹き替え版主題歌に起用されているUVERworld「GOOD and EVIL」が6,245DLで9位、TWICEの韓国6枚目ミニ・アルバム「YES or YES」の表題曲が6,121DLで10位にそれぞれ入った。

Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2018年11月5日〜11月7日の集計)
1位「UNION」OxT(27,111ダウンロード)
2位「Flamingo」米津玄師(21,230ダウンロード)
3位「Lemon」米津玄師(14,465ダウンロード)
4位「プロローグ」Uru(13,020ダウンロード)
5位「Over "Quartzer"」Shuta Sueyoshi feat. ISSA(10,781ダウンロード)
6位「TEENAGE RIOT」米津玄師(10,135ダウンロード)
7位「帰り道は遠回りしたくなる」乃木坂46(9,706ダウンロード)
8位「夢のヒーロー OxT ver」OxT(6,748ダウンロード)
9位「GOOD and EVIL」UVERworld(6,245ダウンロード)
10位「YES or YES」TWICE(6,121ダウンロード)
※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成。先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータのみを使用。