エイベックスとLDHが初の合弁会社「HI&max」設立、ライヴ会場販売事業を展開

2018年11月8日 15:41
エイベックス・エンタテインメント、LDH JAPAN

エイベックス・エンタテインメントは、LDH JAPANと、ライヴ会場でコンサートグッズの販売を行う新会社「HI&max株式会社」(ハイアンドマックス)を設立。AEIとLDH JAPANが設立する初の合弁会社となる。

ライヴ市場規模は近年拡大を続け、2017年には3,324億48百万円(2017年1月〜12月、コンサートプロモーターズ協会調べ)と過去最大の売上高を記録した。ライヴ市場の拡大に併せコンサートグッズの会場における売上も拡大している。

そうした市場背景のもと、HI&maxは、両社が持つコンテンツホルダーとしての強みと、これまで両社が別々に行っていた事業を統合することで生まれるスケールメリットを活用した事業を展開する。

更に、日々進化するテクノロジーや、会場でのユーザーの声を積極的に取り入れることにより、商品開発や販売手法のアップデートを検討し、ユーザビリティの向上など、既存概念にとらわれない会場販売の新たなスタイルを構築する。

また、会場物販エリア(コミュニティエリア)において、コンサートグッズの販売だけでなく、飲食など様々なサービスやイベントを提供することで、新たな「ライヴ・エンタテインメントの場」を創造し、これまで以上の体験価値をユーザーに届けることを目指す。

エイベックス 代表取締役会長CEO 松浦 勝人氏コメント
エイベックスとLDH JAPANで、何か一緒に会社をやろうと話していた結果、今回LDH JAPANさんとの初の合弁会社という形になりました。
お互いの会社には文化の違いはありますが、エイベックスはa-nationというライヴの会場にてコミュニティエリアを15年以上に渡って展開しているノウハウや、LDH JAPANさんは「居酒屋えぐざいる」等それぞれライヴ会場を盛り上げる事業を実施したノウハウ等双方の強みを生かすことで、新たなグッズ販売に留まらない来場者のコミュニティエリアができることを期待しています。HI&maxを皮切りに、今後更に様々な面でLDH JAPANさんとは協力していきたいと思います。

EXILE HIRO氏 コメント
僕らにとってライヴは、ファンの皆さんと愛と夢と幸せを共有するとても大切な場所です。
そして今回は、そんなライヴをより多くの人達に楽しんでいただけるようにエイベックスさんとの初となる合弁会社を設立する事となりました。
今回の取り組みで今まで以上に多くの皆さんに様々なライヴを楽しんでいただき、ライヴ会場で過ごす時間が最高の思い出になるようにチーム一丸となり頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願い致します。

合弁会社概要
商号:HI&max(ハイアンドマックス)株式会社(英文表記:HI&max Ic.)
本店所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号
設立年月:2018年11月
役員構成:
 代表取締役社長 有坂吏司(AEI)
 代表取締役副社長 野田泰嗣(LDH JAPAN)
 取締役 伊藤寛二(LDH JAPAN)
 取締役 宅間弘治(AEI)
出資構成:AEI 50%、LDH JAPAN 50%
主な事業内容:
 1.ライヴ会場等でのコンサートグッズおよび物品販売等
 2.ライヴ会場等での会場プロデュース事業
資本金:1億円(資本準備金含む)