Billboard JAPAN HOT100(11/12付)、24万枚を売り上げた米津玄師「Flamingo」が4冠で総合首位獲得 100位以内に10曲がチャートイン

2018年11月7日 17:05
米津玄師「Flamingo / TEENAGE RIOT」

前週11位まで順位を上げていた米津玄師「Flamingo」が、240,077枚を売り上げてシングル1位、ルックアップ1位、ダウンロード1位、ラジオ1位と計4冠を達成。そのほかTwitter2位、動画再生回数3位と各指標で高ポイントを獲得し、予想通り“JAPAN HOT100”総合首位となった。

同じく表題曲の「TEENAGE RIOT」もダウンロード2位、Twitter1位などで総合4位に初登場、こちらのTwitter1位も含めれば、米津玄師は当週で合計5冠を獲得したことになる。

米津は今回、DAOKOとのコラボ・ソング「打上花火」を含め、“JAPAN HOT100”に計10曲を送り込む快挙を成し遂げている。チャートインしたのは、「Flamingo」「Lemon」「TEENAGE RIOT」「ごめんね」「LOSER」「打上花火」「アイネクライネ」「ピースサイン」「灰色と青(+ 菅田将暉)」「orion」の10曲。

これらはダウンロードと動画再生回数の2指標のポイントが牽引してチャートインしており、かつ「灰色と青(+ 菅田将暉)」以外の楽曲が全て順位を上げていて、新曲リリースと同時に2014年の「アイネクライネ」まで、彼の旧作にまで注目が一気に集まったことが分かる展開だ。

また、あいみょんも複数楽曲を“JAPAN HOT100”に送り込んでいる。ストリーミングで前週2位から当週1位へとランク・アップした「今夜このまま」に加え、「マリーゴールド」「君はロックを聴かない」「愛を伝えたいだとか」の合計4曲が前週に引き続きチャートインしている。

米津と異なるのはストリーミングでのポイントが牽引する形でのチャートインであることで、この好結果が11月14日にリリースとなるフィジカルにどう影響するか、注目される。

【JAPAN HOT100】トップ20
1位「Flamingo」米津玄師
2位「少年」GENERATIONS from EXILE TRIBE
3位「Lemon」米津玄師
4位「TEENAGE RIOT」米津玄師
5位「U.S.A.」DA PUMP
6位「Now or Never」SF9
7位「いきなりパンチライン」SKE48
8位「君のうた」嵐
9位「タデ食う虫もLike it!」アンジュルム
10位「プロローグ」Uru
11位「今夜このまま」あいみょん
12位「ごめんね」米津玄師
13位「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」MISIA
14位「ADAMAS」LiSA
15位「ツナグ、ソラモヨウ」Afterglow
16位「Defiance」ジェジュン
17位「贈る言葉」GReeeeN
18位「アイリス」藍井エイル
19位「ウェイスト・イット・オン・ミー feat.BTS (防弾少年団)」スティーヴ・アオキ
20位「LOSER」米津玄師