dヒッツで10月に最も聴かれたアーティストはMr.Children、4カ月ぶりの1位返り咲き

2018年11月7日 16:30
Mr.Children

dヒッツは、2018年10月度の楽曲総再生回数をもとにした「2018年10月度dヒッツアーティストランキング」を発表、Mr.Childrenが6月以来、4カ月ぶりに1位に返り咲いた。

10月3日に3年4カ月ぶりとなる通算19枚目のオリジナル・アルバム「重力と呼吸」をリリース、また、同日、デビュー作から最新アルバムまで全楽曲の歌詞を収録した全曲詩集「Your Song」刊行などが話題となっているMr.Children。

メディアでも、テレビ朝日系バラエティ番組「アメトーーク!」では“Mr.Children芸人”がそれぞれの想い出やエピソードととともに名曲やライブ映像などを紹介、また、日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」では「Mr.Childrenの歌詞はなぜ心に刺さる?」と題した特集を放送するなど、歴代の名曲の数々に注目が集まる機会も多かった。

10月度は、人気No.1の「アーティストプログラム」を筆頭に、「ドラマ主題歌編」「映画主題歌編」「90年代編」「00年代編」といった順に聴かれ、楽曲別では「HANABI」「足音 〜Be Strong」「Starting Over」「himawari」「Sign」の順によく再生された。
 

2018年10月度 dヒッツアーティストランキング

(集計期間:2018年10月1日〜10月31日)
1位:Mr.Children
2位:安室奈美恵
3位:西野 カナ
4位:松任谷由実
5位:サザンオールスターズ