【海外】GeniusとApple Musicが新たな契約を発表、数千の楽曲に歌詞情報を提供

2018年10月12日 15:21
Genius ロゴ

Featured image by Apple Music.

音楽注釈と歌詞データベースであるGeniusは、Apple Musicと新たな契約を発表した。

この契約により、ユーザーはAppleのストリーミング音楽サービスで、サポートされている数千の楽曲を聴きながら歌詞や注釈を読むことができるようになる。

今回の契約で、Apple MusicはGeniusの公式音楽プレイヤーにもなっている。Geniusのウェブサイトにアクセスした後、現在のユーザは、Apple Music経由でGenius.comに直接ログインしてストリーミングすることが可能となる。これには、アリアナ・グランデの「God Is A Woman」を含む人気のヒット曲が含まれている。


しかし、Spotifyも2年前にGeniusとのパートナーシップを発表している。

このプラットフォームは、再生中にポップアップが表示され、これらには歌詞と並んでアーティストに関する抜粋、注釈、およびストーリーが含まれている。これはかなり良い結果となった。

パートナーシップを促進するため、Spotifyは、Behind the the Lyrics(Hip-Hop)とBehind The The Lyrics(Hits)の2つのプレイリストを発表した。プシャ・T、ティナーシェ、ディプロはこの新機能を宣伝する最初のアーティストになった。

GeniusはApple Musicを公式の音楽サービスとして選んだが、同社がSpotifyとのパートナーシップを終了することはなさそうだ。
 


 

【記事提供元】

DIGITAL MUSIC NEWS
https://www.digitalmusicnews.com/

https://www.digitalmusicnews.com/