Zepp Fukuoka復活、こけら落とし公演「SMAのド自慢」12/7開催

2018年9月14日 12:17
SMAのド自慢

2016年に17年の歴史に幕を下ろした福岡・Zepp Fukuokaが、12月7日に復活することが発表された。

今回のこけら落とし公演には、過去にZepp Fukuokaのオープニング公演&最終日を飾ったソニー・ミュージックアーティスツ(以下、SMA)が再びイベントを開催。

「SMAのド自慢」と題された本公演は、その名の通りSMAの所属アーティストが、“これでもか!”と登場するラインナップになっており、奥田民生、ABEDON、PUFFYといったSMAの看板とも言えるそうそうたる顔ぶれのミュージシャンをはじめ、アキラ100%、ハリウッドザコシショウ、マツモトクラブなど、今をときめく数々のお笑い芸人や、VTR出演とされている、土屋太鳳、二階堂ふみ、成田凌など、勢いのある俳優・女優陣も名を連ねている。

どんなイベントになるのか想像もつかないが、まさにZepp Fukuokaのオープニングを祝うにふさわしいスペシャルな一夜になることは間違いなさそうだ。

また、イベント特設サイトが開設、チケットの最速先行受付がスタートしている。