Billboard JAPAN【先ヨミ】EXILE再始動アルバム「STAR OF WISH」11.9万枚で現在首位 UVERworld「ALL TIME BEST」は累計10万枚目前

2018年7月26日 17:00
EXILE「STAR OF WISH」


SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから、2018年7月23日〜7月25日の集計が明らかとなり、EXILEのニューアルバム「STAR OF WISH」が119,349枚を売り上げて首位を走っている。

6か月連続で毎月第一金曜日に新曲を配信する企画“EXILE FRIDAY”で発表された6曲や、日清「カップヌードル」新CMシリーズのタイアップソングとして起用された「Heads or Tails」など、新曲を含む全14曲を収録している「STAR OF WISH」は、前作「19 -Road to AMAZING WORLD-」から約3年ぶりとなるオリジナル・アルバム。

2016年から事実上の活動休止を続けていたEXILEの再始動後初となるアルバムということで、その注目度の高さを裏付けるように、早くも売上は10万枚の大台を突破しており、週間セールス・チャートでの首位獲得もほぼ間違いないと見られる。

ミュージカル「刀剣乱舞」発のユニット、刀剣男士 formation of つはものによる1stアルバム「ミュージカル『刀剣乱舞』〜つはものどもがゆめのあと〜」が初動3日間で14,310枚、韓国出身ボーイズ・グループのMYNAMEによる日本6枚目アルバム「KISEKI」が13,046枚をそれぞれ売り上げて2位、3位にエントリー。

続いて、斉藤和義のデビュー25周年を記念したベストアルバム「歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017」が12,006枚が売り上げて後を追っている。2位から4位までの枚数差は約2,000枚と小さく、週間結果での順位変動は十分にありうるだろう。

5位に入ったのは、リリースから2週目のUVERworld「ALL TIME BEST」。今週に入って7,864枚を売り上げており、前週の売上83,701枚と合わせて累計売上は91,565枚を記録、10万枚突破を射程圏内に入れた。

Billboard JAPANアルバム・セールス集計速報
(2018年7月23日〜7月25日の集計)
1位「STAR OF WISH」EXILE 119,349枚
2位「ミュージカル『刀剣乱舞』〜つはものどもがゆめのあと〜」刀剣男士 formation of つはもの 14,310枚
3位「KISEKI」MYNAME 13,046枚
4位「歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017」斉藤和義 12,006枚
5位「ALL TIME BEST」UVERworld 7,864枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用。