Billboard JAPAN HOT ALBUMS(6/25付)、THE ORAL CIGARETTES「Kisses and Kills」総合アルバム首位

2018年6月20日 18:24
THE ORAL CIGARETTES「Kisses and Kills」


6月25日付Billboard JAPANチャート“JAPAN HOT ALBUMS”(集計期間:2018年6月11日〜2018年6月17日)が発表された。

THE ORAL CIGARETTESの約1年4か月ぶり、通算4枚目のフルアルバムとなる『Kisses and Kills』 が自身初となる総合首位を獲得した。

『ミュージックステーション』出演やコンセプト・バーの開店といった週末のプロモーション展開もあり、初動3日間で18,765枚を売り上げていた「Kisses and Kills」は、週の後半でさらに約7千枚伸ばし、週間売 上25,677枚となってフィジカル・セールス1位をマーク、自身最多初週売上を更新した。他指標ではダウンロード5位、ルックアップ4位と、若手アーティストとしては珍しくフィジカル・セールスが先導しており、過去作にも見られるこの傾向から彼らが、CD購入にまで至るコアファンを作品のリリースごとに獲得し続 けていることが窺える。

前週総合首位だった三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「FUTURE」は、リリースから2週目となる当週、22,628枚を売り上げてフィジカル・セールス2位、累計売上は20万枚を超えた。ダウンロードは7位、ルックアップは7位と、好調なフィジカル・セールスが牽引する形で総合2位に入っている。

前週総合2位から当週総合3位に入ったMAN WITH A MISSION「CHASING THE HORIZON」は、フィジカル・セールス4位、ダウンロード3位、ルックアップ10位と、前週から引き続きフィジカルとデジタルの両セールスが根強い。ルックアップも前週2位から当週10位と比較的高水準の推移を見せていることから、ユーザーによる楽曲への接触率の高さが見て取れる。こうしたチャート・アクションは長期的な上位ランクインの兆しであることが多く、今後の露出展開次第ではロングヒットのサイクルに入ることも可能だろう。

SHINeeのデビュー10周年を記念したEP3部作の第2弾「The Story of Light EP.2」は、4,695ユニットを 売り上げてダウンロード2位、総合6位をマーク。前々週、シリーズ第1弾「The Story of Light EP.1」が5,730ユニットを売り上げて、同じくダウンロード1位、総合6位に入っており、6月25日リリース予定の「The Story of Light EP.3」でもって、3部作すべてでダウンロード1位獲得なるか、注目される。

【HOT ALBUMS】トップ20
1位「Kisses and Kills」THE ORAL CIGARETTES
2位「FUTURE」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
3位「CHASING THE HORIZON」MAN WITH A MISSION
4位「湘南乃風 〜一五一会〜」湘南乃風
5位「NINTH」the GazettE
6位「The Story of Light EP.2」SHINee
7位「BOOTLEG」米津玄師
8位「SQUARE UP」BLACKPINK
9位「THE LOCK」BLACK M!LK
10位「Finally」安室奈美恵
11位「グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)」V.A.
12位「GR8EST」関ジャニ∞
13位「湿った夏の始まり」aiko
14位「green」藤原さくら
15位「SOUNDTRACK 〜Beginning & The End〜」吉井和哉
16位「アダムとイヴの林檎」V.A.
17位「愛をあるだけ、すべて」KIRINJI
18位「MAMORU MIYANO presents M&M THE BEST」宮野真守
19位「BAD HOP HOUSE」BAD HOP
20位「LiSA BEST -Way-」LiSA