Billboard HOT ALBUMS(6/18付)、三代目JSB「FUTURE」が総合アルバム首位

2018年6月13日 17:25
三代目JSB「FUTURE」


6月18日付Billboard JAPANチャート“HOT ALBUMS”(集計期間:2018年6月4日〜2018年6月10日)が発表された。

総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「FUTURE」が総合首位を獲得した。

前作「THE JSB LEGACY」から約2年ぶり、通算7枚目のオリジナル・アルバムとなる「FUTURE」は、初動3日間で132,509枚、初週累計では179,296枚を売り上げてフィジカル・セールス1位、ルックアップ1位とフィジカル指標で2冠をマーク。ダウンロードでは2位となり惜しくも完全制覇は逃したものの、高い総合力を見せつける形で“HOT ALBUMS”トップに立ってみせた。なお、アルバムから「恋と愛」と「RAINBOW」が、当週の総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”にそれぞれ11位と15位に入っている。

MAN WITH A MISSIONの約2年ぶり、通算5枚目のオリジナル・アルバム「CHASING THE HORIZON」は、初週累計72,638枚を売り上げてフィジカル・セールス2位、7,079ユニットを売り上げてダウンロード1位、ルックアップでは2位となり総合2位にデビュー。

各指標の順位では三代目に肉薄しているように見えるが、フィジカル・セールスでは約10万枚差で後塵を拝しており、他2指標でこれを巻き返すほどの成績を残すには至らなかった。とはいえダウンロードとルックアップでの好記録は、継続的な上位チャートインのカギであり、そういう意味で本作は安定した好スタートを切ったといえるだろう。

aikoの13枚目オリジナル・アルバム「湿った夏の始まり」は、初週48,230枚を売り上げてフィジカル・セールス3位、配信は未解禁、ルックアップでは5位となって総合3位。エレファントカシマシの23枚目オリジナル・アルバム「WAKE UP」は初週23,699枚を売り上げてフィジカル・セールス4位、ダウンロード7位となって総合4位。

当週はフィジカル・セールス指標が総合チャート内での高い比率を占めており、フィジカル・セールス上位4作がそのまま総合トップ4に並ぶ形となったが、鈴木愛理(ex-℃-ute)のソロデビュー・アルバム「Do me a favor」が唯一、フィジカル・セールスの順位を繰り上げて総合トップ5入りを果たした。ダウンロード4位、ルックアップ31位となった2指標で、フィジカル・セールス5位だった宮野真守のベスト・アルバム「MAMORU MIYANO presents M&M THE BEST」を上回っている。

【HOT ALBUMS】トップ20
1位「FUTURE」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2位「CHASING THE HORIZON」MAN WITH A MISSION
3位「湿った夏の始まり」aiko
4位「WAKE UP」エレファントカシマシ
5位「Do me a favor」鈴木愛理
6位「MAMORU MIYANO presents M&M THE BEST」宮野真守
7位「GR8EST」関ジャニ∞
8位「Ken Yokoyama VS NAMBA69」Ken Yokoyama vs NAMBA69
9位「BOOTLEG」米津玄師
10位「WE MAKE YOU」SEVENTEEN
11位「Finally」安室奈美恵
12位「hide TRIBUTE IMPULSE」V.A.
13位「覇道明王」陰陽座
14位「Merry-go-round」松田聖子
15位「Sky」今井美樹
16位「アダムとイヴの林檎」V.A.
17位「グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)」V.A.
18位「LiSA BEST -Way-」LiSA
19位「LiSA BEST -Day-」LiSA
20位「魚図鑑」サカナクション