超党派で開催された「高額チケット転売に反対するアーティスト・アスリートの要望を聞く会」に宇崎竜童、夏木マリ、May J.、Zeebraが出席

2018/04/17 (火) - 18:51
2018年4月16日「高額チケット転売に反対するアーティスト・アスリートの要望を聞く会」

4月16日、衆議院第1議員会館で開催された「高額チケット転売に反対するアーティスト・アスリートの要望を聞く会」に、音楽関連4団体(コンサートプロモーターズ協会、日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンピュータ・チケッティング協議会)と、アーティスト代表として宇崎竜童、夏木マリ、May J.、Zeebraが出席した。

この会には自民党、公明党、立憲民主党、希望の党、民進党、日本共産党、無所属の会からも多くの議員が参加。チケット転売問題がテーマの会として初の超党派での開催となった。

当日はライブ・エンタテインメント議員連盟の石破茂会長、文化芸術振興議員連盟の河村建夫会長、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟の遠藤利明幹事長より、転売規制法の重要性と今後の立法に向けた取り組みについて説明があった他、アーティスト代表として宇崎竜童、夏木マリ、May J.、Zeebraが登壇し、深刻化するチケット高額転売の現状と、早期の法整備を訴えた。

また、藤井フミヤ、サンプラザ中野くん、きゃりーぱみゅぱみゅ、村上てつや(ゴスペラーズ)、及川光博、織田信成、カンニング竹山も転売問題の解決を訴えるビデオメッセージを寄せた。

共同会見においては、石破会長より今国会での法案提出をめざすこと、そのためには党派を越えてこの問題への理解を深め、連携を進めていくことの必要性が述べられた。