タワーレコード藤沢オーパ店、4/27グランドオープン

2018年4月12日 10:40
タワーレコード藤沢オーパ店


タワーレコードは、4月27日に藤沢駅前の大型ショッピングセンター“藤沢オーパ”内6Fに「タワーレコード藤沢オーパ店」をオープンする。

タワーレコードの藤沢オーパへの出店は、約2年半ぶり(前店舗は2015年11月に閉店)。復活を望まれる地元のユーザーからの声に応えるべくタワーレコードとしても待望の再出店となり、今期(2019年2月期)初めての出店となる(神奈川県内では川崎店、横浜ビブレ店、アリオ橋本店、西武東戸塚店、グランツリー武蔵小杉店に次ぎ、6店舗目)。

今回、タワーレコードが出店する商業施設“藤沢オーパ”は、JR・小田急、江ノ島電鉄と3路線を有する藤沢市・湘南エリアの中心地で、駅より徒歩1分の好立地に位置する大型商業施設。

今回その6階にオープンするタワーレコード藤沢オーパ店は、店舗面積約95坪、在庫枚数は約21,000枚。J-POPでは、新譜・最新の話題盤からロングセラーをはじめ、人気のジャニーズ、アイドル、アニメコーナー、K-POPから洋楽、JAZZ、CLASSIC なども含むタワーレコードならではの幅広い品揃えを提案していく。さらには旧藤沢店時代に名物コーナーとして人気だったハワイアン・コーナーにも力を入れるとのこと。

また店内にはイベント・スペースも設け、インストア・イベントの実施も積極的に行い様々なジャンルのアーティストを直に観られる機会を創出する。その他にも、アパレルやグッズなどタワーレコードのオリジナル商品も充実させ、ユーザーが新たな音楽やその周辺文化と出会う場所として楽しんでいただけるような魅力ある店作りを目指す。

さらに、“湘南カルチャー発信地“を目標に、湘南を地元とするアーティストや企業とのコラボレーションを積極的に行っていく。今回のオープンでは、オープニング・キービジュアルとして人気レゲエ・ユニット湘南乃風とのコラボが、さらには茅ケ崎を拠点に活躍するプロサーファー、笹子夏輝の起用が決定。また、企業では、湘南・葉山のビーチサンダル老舗「げんべい」とのコラボ・ビーチサンダルの販売も行う。

その他にも割安なポイント施策やオープニング・キャンペーンなども開催し約2年半ぶり藤沢へのタワレコ復活を盛り上げる。