オリコン週間デジタルアルバム 4/2〜4/8、映画『グレイテスト・ショーマン』サントラ返り咲きDL首位

2018年4月10日 10:21
「グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)」


ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画サウンドトラック「グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)」(ワーナーミュージック・ジャパン/2017年12月8日配信開始)が、週間売上0.5万DL(4,578DL)で今週発表の4月16日付オリコン週間デジタルアルバムランキング(集計期間:4月2日〜4月8日)で返り咲き1位を獲得した。

同作の1位獲得は、6週連続1位を記録した2018年2月26日~4月2日付から2週ぶり通算7週目。映画サントラ盤の返り咲き1位獲得は、「ワイルド・スピードアイスブレイク日(オリジナル・サウンドトラック)」(2017年4月14日配信)が2017年5月15日付に記録したのに次いで通算2作目となる。

また同CDサントラ盤(1月17日発売)は週間0.8万枚で今週付週間アルバムランキング10位にランクイン。映画公開初週にあたる2月26日付から8週連続TOP10入りを続けている。

本作は、主人公P.T.バーナム役を務めたヒュー・ジャックマンをはじめ、本年度アカデミー賞主題歌賞ノミネートの「This Is Me」を熱唱したパフォーマー役のキアラ・セトルら実⼒派俳優たちが劇中で披露した楽曲の数々を収録。なお、同映画は鑑賞者からの要望により、3月23日から映画本編の歌曲部分に英語字幕をのせ、一緒に観客が歌える“応援上映”が全国一部劇場で公開されたことも話題となっていた。