オリコン週間デジタルアルバム 3/5〜3/11、「グレイテスト・ショーマン」サントラが4週連続1位

2018/03/13 (火) - 11:15
「グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)」


ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画サウンドトラック「グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)」(ワーナーミュージック・ジャパン/2017年12月8日配信開始)が、週間売上1.1万DL(11,313DL)で今週発表の3月19日付オリコン週間デジタルアルバムランキングで映画公開初週にあたる2月26日付から4週連続の1位を獲得した。

デジタルアルバムの4週連続1位獲得は、「ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)」(2017年3月6日付〜4月3日付の5週連続)、「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」(2017年5月22日付〜6月12日付の4週連続)に次いで3作目となる。また同CD国内盤(1月17日発売)は週間2.2万枚で今週付週間アルバムランキング3位にランクインした。

本作は、主人公P.T.バーナム役を務めたヒュー・ジャックマンをはじめ、本年度アカデミー賞主題歌賞ノミネートの「This Is Me」を熱唱したパフォーマー役のキアラ・セトルら実力派俳優たちが劇中で披露した楽曲の数々を収録。

なお、同映画鑑賞者からの要望により、映画本編の歌曲部分に英語字幕をのせた、応援可能な特別バージョンの上映が3月23日より全国一部劇場にて実施されることが決定。これを受けて、主演のヒュー・ジャックマンは「日本の皆さんにお礼を言わせてください。映画は2018年No.1のオープニング、サントラも世界中で大ヒット! これも皆さんのおかげです。キャスト、クルー、全員がこの大ブームに感謝しています。」と公式コメントを寄せている。