オリコン週間映像 1/8〜1/14、星野源 通算4作目の総合ミュージック首位で男性ソロ単独1位

2018年1月17日 10:20
星野源「Live Tour “Continues”」


星野源のライブDVD&Blu-ray Disc「Live Tour “Continues”」(ビクターエンタテインメント/1月10日発売)が、発売初週にそれぞれDVD:4.7万枚、BD:5.2万枚を売り上げ、今週発表の1月22日付オリコン週間DVDならびにBDランキング(集計期間:1月8日〜1月14日)で、いずれも初登場総合1位を獲得した。

音楽映像作品によるDVD・BD同時総合1位獲得は、「Live Tour “YELLOW VOYAGE”」(2016年6月発売)、「Music Video Tour 2010-2017」(2017年5月発売)に続き、3作連続で通算3作目。

連続・通算ともに3作の堂本光一と並び、DVD・BD同時総合1位獲得作品数で男性ソロ歴代1位タイとなった。

また音楽DVDとBDの売上を合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも、「STRANGER IN BUDOKAN」(2014年8月発売)、「〜“YELLOW VOYAGE”」「Music Video 〜」に次いで通算4作目の1位となり、これまで3作で並んでいた堂本光一を上回り、同ランキング1位獲得作品数で男性ソロ単独1位に⽴った(※総合ミュージック映像ランキングは2013年10月14日付より発表開始)。

本作は、2017年5月から9月にかけて⾏われた⾃⾝初のアリーナツアー「星野源 Live Tour 2017『Continues』」より、9月9日、10日のさいたまスーパーアリーナでの追加公演の模様を収録。

DVD・BDともに、デビュー当時の楽曲から、⼤ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に⽴つ」(TBS系)主題歌の「恋」「第68回NHK紅白歌合戦」の出場曲となった最新曲「Family Song」まで、新旧含む全22曲のライブ本編に加え、特典映像として、ツアーの裏側に迫ったドキュメンタリー及びツアー終了後に⾏った撮り下ろしインタビュー“Tour Documentary「to be Continue(s)」”が収められている。