オリコン年間デジタルアルバム2017、ミスチル配信限定ベストが年間1位・2位独占

2017年12月20日 10:36

Mr.Children「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」
「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」

Mr.Children「Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25」
「Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25」



オリコンでは、2017年年間を集計期間とした「オリコン年間デジタルアルバムランキング 2017」を発表した(集計期間:2016年12月26日付〜2017年12月18日付)。
 

Mr.Children 配信限定ベストが年間1位・2位独占


Mr.Childrenのデビュー25周年を記念した配信限定ベストアルバム「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」と、「Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25」(ともにトイズファクトリー/今年5月配信開始)が、同ランキングの1位・2位を独占した。

年間1位となった「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」(期間内17.3万(172,631)ダウンロード ※以下DL)は、通算9週の週間1位を獲得するとともに、2017年5月22日付の同ランキング初登場から全週の31週連続で週間TOP10⼊りを達成。

また、年間2位の「Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25」(同15.1万(151,263)DL)も、通算29週で週間TOP10⼊りとなった。

2作同時の週間TOP10⼊りは29週、ロングヒットに2作同時の週間TOP10⼊り数も通算29週、合計で期間内32.4万(323,894)DLを記録するなど、ロングセールスとなった同ベストアルバム2作。Mr.Childrenがデビュー25周年を迎えた今年5月10日より1年間限定での配信となり、それぞれ25曲ずつ全50曲が収録されている。

同ベストアルバムのヒットや、バンド史上最大規模となる70万人動員の全国ツアーを成功させるなど、精⼒的な活動を展開したMr.Children。今月発表された「第14回 音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング」(ORICON NEWS調べ)でも8年ぶりの総合1位を獲得するなど、幅広い世代からの支持を獲得した。12月20日にはライブ&ドキュメンタリーを収録した映像作品「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」が発売される。
 

back number 配信アルバム「アンコール」10万DL超で年間TOP3入り


続いて、「第14回 音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング 2017」(ORICON NEWS調べ)にて、世代別10代部門1位を獲得したバンド・back numberのデジタルアルバム「アンコール」(ユニバーサル ミュージック/2016年12月28日配信開始)が、期間内10.8万(108,397)DLで3位にランクイン。今作と前述のMr.Childrenの2作を含めて、今年度では合計3作が期間内10万DL超えを記録した。

本作は、back numberの全シングル曲に加えてインディーズ時代の楽曲も収録された初のオールタイムベストアルバム。CDアルバムも同様に、2017年12月18日付時点で累積55.5万枚を売り上げるロングセールスとなっている。

なおback numberは、本日20日に17thシングル「瞬き」をリリース。本作の表題曲は、佐藤健と土屋太鳳のダブル主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹)の主題歌に起⽤されている。

前述の「第14回 音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング 2017」にて、初の総合TOP10⼊り、世代別10代部門で初の1位を獲得したことについて、back numberのメンバー・清⽔依与吏は「⾃分たちが『いい!』と思える音楽をやらせてもらっている中で、ランキング上位をいただけるのは本当にありがたいことです」とコメントをよせていた。

※同ランキングは、許諾レーベル80社(※)から配信されている、全曲を一括ダウンドロード購⼊したアルバム作品(ハイレゾ音源を含む)を対象としており、配信事業社4社(2017年12月18日付時点)からのダウンロード数を精査のうえ合算集計したもの。現時点では全国値の推計は⾏っておらず、またCDとの合算も⾏っていない。

オリコン調べ(oricon.co.jp)