ビルボード、スペシャ、Apple Musicら定額制音楽配信サービス6社の共同プロジェクト「NOW PLAYING JAPAN」が始動

2017/12/12 (火) - 12:44
NOW PLAYING JAPAN

ビルボードジャパン、スペースシャワーTV、定額制音楽配信サービス6社(Apple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、レコチョク)が、日本における新しい音楽のヒットや潮流の創出を目指す共同プロジェクト「NOW PLAYING JAPAN」を始動する。

「音楽をもっと、みんなのモノへ。」をキーワードに、音楽配信サービスと音楽チャートと音楽専門チャンネルが連携し、各社のサービスを活かして展開する「STARTERS MATCH(新人リコメンド企画)」と「ライブ」の2つのコンテンツを軸にしてリスナーが新しいトレンドを生みだす「場」や「環境」を提供していく。

また、2018年3月19日には、キックオフイベント「NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1」を東京・Zepp DiverCityで開催。チャートデータをもとに選出するトップ・アーティスト数組に加え、定額制音楽配信サービス上での再生回数をもとに選出する新人アーティストが出演する。