【海外】定額制音楽ストリーミング・サービスの市場占有率を発表、スポティファイが62%でトップ

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/03/07 (火) - 00:45

posted by 洋楽天国]]>
text
ラジオ業界誌ヒッツが定額制音楽ストリーミング・サービス会社の市場占有率(Marketshare)をグラフにした。青が今年(2017年)2月末時点で、オレンジが昨年(2016年)9月末時点でのシェア。全て有料会員の数。スポティファイの無料会員は含まない。

アマゾン・ミュージックが2%伸び、スポティファイが2%ダウンした。アップル・ミュージックは全体の25%で、グーグル・プレイは4%で、タイダルはわずかに1%しかなかった。

スポティファイはダウンしたが、しかし全体の62%を占め、最大手である事に変わりはない。これを見る限り、タイダルへ音源を独占提供というのは意味がない。タイダルから独占の為のギャランティーが破格なら別だが。


]]>
text洋楽天国]]>
text高橋裕二氏インタビュー]]>
feed/label/yougakutengoku.xml_self5