元ユニバーサル / ワーナー会長の石坂敬一氏が逝去、洋楽シーンの礎を築く

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2017/01/06 (金) - 23:00

石坂 敬一メイン

▲石坂敬一氏(2009年7月Musicman's RELAYインタビューの写真)


元ユニバーサルミュージック / ワーナーミュージック会長、現オリコン社外取締役の石坂敬一氏が虚血性心不全のため12月31日10時10分に逝去した。享年71歳。

慶應義塾大学を卒業後、東芝音楽工業(現:ユニバーサルミュージック)へ入社。学生時代に培った膨大な洋楽の知識を発揮し洋楽ディレクターとしてビートルズ、T・レックス、ピンク・フロイドなど数々のヒット作を手掛ける。

各メーカーが手探りで洋楽を売り出していた時代に邦題をつけることで「日本の洋楽」を定着させ、”プログレッシヴ・ロック”という言葉を生み出すなど現在の洋楽シーンの礎を築いた。

また、ユニバーサルミュージックの代表に就任してからは、音楽配信をプロモーションに活用した新人アーティストの売り出しや「オトナ」を対象としたCD市場の開拓など、斬新なアイディアで同社をマーケットシェア第1位に導いた。

Musicman-NETでも大変お世話になりました。
ご冥福をお祈りいたします。


]]>
textMusicman's RELAY 第82回 石坂 敬一 氏https://www.musicman-net.com/relay/82.html]]>