シブテレ、スペシャらライブハウス7事業者が事業者団体を設立

2016年6月24日 3:45

一般社団法人ライブハウス-コミッション-ロゴ
夜間帯におけるエンターテインメント推進を目的とした風営法の改正を契機として、ライブエンターテインメント業界でも新たな時間市場を活用し、さらなる業界の発展を目指すため、ライブハウス事業者からなる事業者団体「一般社団法人ライブハウス コミッション」が設立された。

従前、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」、いわゆる風営法では深夜0時以降のダンス営業(ナイトクラブ)、また同時刻以降の飲食店における遊興提供が禁止されていたが、平成27年6月17日に同法は大幅改正され、ダンスを基準とした規制は撤廃されるとともに、また新設された特定遊興飲食店の営業許可取得を条件に、深夜帯でのお酒とともに遊興(ダンスコンテンツを含む)を提供する営業が可能となり、平成28年6月23日から同法改正法が施行される。

この改正は、巨大な潜在市場といわれる夜間帯を活用し、経済効果を高めることに加え、魅力ある文化都市づくりを実現していくことを目指すためのものとなっている。ライブエンターテインメント業界の成長は近年著しいものがあり、クールジャパン戦略を含むコンテンツ推進政策と連動したインバウンドニーズの掘り起こしや、深夜帯における時間市場の活用など、多くのポテンシャルが存在している。

ライブハウス コミッションは、風営法改正を契機として設立され、現時点では加盟店が特定遊興飲食店の営業許可取得をスムーズに行えるようサポートし、ライブハウス業界全体の健全な発展のため風営法等の関連法規の改正や運用等について関係省庁と協議していくことを主な事業内容としている。また、今後はライブハウスがその都市の魅力を高める文化装置として機能し、また健全な賑わいを創出することで都市の活性化を促進できるよう、関連団体と連携して活動の幅を広げていくことを視野に入れている。

なお、同団体のロゴデザインは、映像作品「Bustin'」を発表するなど風営法に対してアーティストの立場から問題提起をし、改正運動にクリエイティブなバックアップを行ってきたアーティストのShing02が手がけた。

団体概要
団体名:一般社団法人ライブハウス コミッション
所在地:〒106-8011 東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル
設立日:平成28年4月15日

社員:株式会社シブヤテレビジョン(O-Group)
   株式会社スペースシャワーネットワーク(WWW)
   株式会社ディフェンスアンドアソシエイツ(LIQUIDROOM)
   株式会社デュオ・ミュージック・エクスチェンジ(duo MUSIC EXCHANGE)
   株式会社パルコ(CLUB QUATTRO)
   株式会社ロフトプロジェクト(新宿Loft)
   有限会社ロフト(下北沢SHELTER)

理事:近藤 正司(代表理事)
   柿原 晋
   小林 茂明
   西村 良太
   原 和久
   山根 克巳

監事:吉田 泉(弁護士/中島・宮本・溝口法律事務所)

顧問:齋藤 貴弘(弁護士/ニューポート法律事務所)