米Microsoft、音楽サービス「Xbox Music」を発表

サイトリニューアルにともない、過去の記事にて表示くずれが発生する場合があります。
ご覧のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、順次対応を行っておりますのであらかじめご了承ください。

2012/10/16 (火) - 20:00

米Microsoftは現地時間10月14日、音楽配信サービス「Xbox Music」を発表した。

「Xbox Music」は、Pandoraのような無料ストリーミングラジオ、Spotifyのような有料サブスクリプションサービス、米AppleのiTunesのようなデジタル楽曲販売サービスをまとめて利用できるオールインワンの音楽サービスで、まずはゲーム機「Xbox 360」向けに16日よりサービスをスタート。26日からは「Windows 8」「Windows RT」搭載のPCやタブレット、その後携帯電話向けに「Windows Phone 8」への対応も予定されている。

サービス開始時には、iTunesと同程度の3000万曲を配信。既に4大レーベル(ユニバーサルミュージック、EMI、ソニーミュージック、ワーナーミュージック)を含む複数のレーベルとのライセンスが完了しているようだ。

無料ストリーミングについては、最初の6カ月間のみ無制限、以降は1カ月最大10時間まで利用可能。なお、月額9.99ドルを支払えば無制限で楽しむことができる。

日本でのサービス実施は未定。]]>
text]]>
text]]>
feed/label/emtg.xml_self5