無差別級LIVEオーディション“TOKYO BIG UP!2019”!〜来年2/28締切!

2018年11月1日 16:33
無差別級LIVEオーディション“TOKYO BIG UP!2019”

前回、神戸発の2人組ユニット、Opus Innがグランプリを獲得したバンドオーディション「TOKYO BIG UP!」(メジャーレーベルavex、音楽制作プロダクションDUM DUM LLP.、コンサートプロモーターHOT STUFF、マルチメディアレーベルlute、インディーレーベル/ディストリビューターULTRA-VYBEが合同で開催)の第3回目となる「TOKYO BIG UP!2019」の募集が本日からスタートした。

今までバレーボウイズや東郷清丸、Opus Innやabentisなどエッジのあるアーティストを輩出してきたこのオーディション、本日から来年2月いっぱいまでエントリーを受け付けた後、その中から選ばれたファイナリスト6バンドが来年3月28日に東京・下北沢BASEMENT BARで行われるライブ審査へ出場することができる。

通常のオーディションとは一味違った実際にライブハウスで活躍するアーティストが特別審査員として参加するこのオーディション、松田“CHABE”岳二(LEARNERS,CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(a.k.a. mantaschool)(片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかり)、中尾憲太郎(exナンバーガール、Crypt City)という面子に加えて、今回tomad(Maltine Records)が特別審査員として参加することが決定している。

ライブ審査の司会はブライアン・バードンルイスとSuchmosやSANABAGUN等の楽曲への参加や、WONKのライヴコーラスサポートなどで知られる女性シンガーソングライターNao Kawamura、さらにゲストDJとしてDJ HOLIDAY(a.k.a.今里 from STRUGGLE FOR PRIDE)が参加することが決定している。

オリジナル曲があればジャンルを問わずエントリー可能ということなので、この機会にぜひチャレンジしてみて欲しい。