音楽プロデューサー・島田昌典によるオーディション「島田会ゼロ2018」開催、23歳以下 性別・ジャンルは不問!

2018年4月3日 18:50
島田昌典


音楽プロデューサー・島田昌典が「島田会ゼロ2018 ROAD TO GREAT STUDIO!」と銘打って、2017年に続き今年も新世代へ向けてアーティストオーディションを開催すると自身のSNSで発表した。

今回は昨年のオーディションよりもスケールアップした形で、4月から9月まで半年間にわたりマンスリーで島田が新世代アーティストをピックアップ。ピックアップされたアーティストはなんと島田自身が楽曲にアレンジを施して、所有するGREAT STUDIOにてレコーディング。

また、レコーディングは様々なメジャーアーティストを手がけるレコーディングエンジニア甲斐俊郎が担当。制作される楽曲、サウンドはまさにトップオブメジャークラスとなる。

そして、完成した音源は世界最大のディストリビューター、アグリケーターであるTuneCoreを通して即世界配信される。

また、11月2日に行われる原宿ストロボカフェで開催されるライブイベント「島田会ゼロ2018」に出演することが出来る。

アーティストのステージパフォーマンスには島田もキーボードで参加。ピックアップされたアーティストにとってはトップオブメジャークオリティで楽曲をリリース、そして島田との共演という何とも贅沢な、またとない機会となりそうだ。

応募資格はバンド、ユニット、シンガーソングライターからボーカリストと幅広く、年齢は23歳(1995年1月1日生まれ以降)以下。また性別、ジャンルは不問、現在特定のレーベル、事務所との契約がないことを条件としている。

応募方法はオーディション開催に合わせて立ち上がったサイトの応募フォームへYOUTUBEにワンテイクで収録したパフォーマンスしている様子、表情が確認できる動画をアップするというもの。

昨今、アマチュアアーティストでも歌唱や演奏をDAWソフト等で編集、修正して動画サイトにアップすることが当たり前となっている。そんな流れの中、島田はあえてワンテイクでのパフォーマンスを条件にジャッジメントを行うと新世代に呼びかけている。

応募のチャンスは6回。毎月末に応募を締めきり、翌月の5日に島田のSNS等で審査結果を発表する。

2014年11月、島田の活動30周年を記念し日本武道館で開催された”『Great Studio Live at BUDOKAN』〜バラスーシな奴らがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!〜”通称「島田会」から4年が経ったが、今回開催される「島田会ゼロ2018」は2017に続いてのスピンオフ版とも言えよう。

2014年、島田と一緒に武道館のステージに立った、いきものがかり、秦基博、back numberという日本の音楽界を牽引するビッグアーティストに化けるような“バラスーシ”な金の卵は現れるのか!?まだその存在を知らしめていない才能ある“ゼロ”アーティストの諸君、島田と一緒に夢を“かたち”にしよう。

島田昌典 コメント
新世代のアーティスト”ゼロ”と試すべきミッション。
録れたての、最高の音源をフレッシュなまま世界へ発信する。
一夜にして、国を超えて“ゼロ”の音楽が街中を席巻する!
僕たちと一緒に夢を”かたち”にしませんか?
ROAD TO GREAT STUDIO
島田会が、待っています。