EIGHT OF TRIANGLE シングル「FLASH」“暗い雨の中エイトラが光を放つ” メインビジュアル&ティザーPVが初解禁

2019年6月14日 18:16
EIGHT OF TRIANGLE「FLASH」

東映所属の男性バーチャルアイドル・EIGHT OF TRIANGLE、通称“エイトラ”。そんな彼らのメジャー第2弾シングル「FLASH」が令和になって初めての七夕である7月7日に発売が決定し、その「FLASH」のメインビジュアル、そしてティザーPVが初解禁となった。

今回の曲はメンバーのNeonが、初めて単独で作詞に挑んだ曲。メジャーデビューを控えたタイミングで元ボーカルRay(君島零)を失い、それでも走り続けた今、「これまでよりさらに強くなる」というNeonの意思を込めた“エイトラの決意”ともとれる楽曲となっており、ティザーPVにてその音源の一部も初披露している。

そしてメインビジュアルには、冷たい雨に佇むNeonとKazutoの姿が。薄暗い闇が広がる中、凛とした表情の二人が重ねた手の隙間からは、その闇を切り裂くような、まるで希望とも取れる眩い光「FLASH」が生み出されており、今回の曲に二人が込めた想いを感じられるビジュアルとなっている。

今作は各配信サイトでのデジタルリリースに加えアニミュゥモにて、アクリルキーホルダーと楽曲ダウンロードQRがセットになった異例の「ミュージックアクリルキーホルダー」も発売される。

「ミュージックアクリルキーホルダー」は、完全描き下ろしの限定SDビジュアルで全8種類。この度、そのビジュアルも待望の解禁となった。

テーマは“エイトラの夏”。“七夕”、“スイカ割り”、“夏まつり”、“海水浴”といった夏の風物詩をNeonとKazutoの二人が楽しんでいる様子が描かれた、ファン垂涎のキュートなビジュアルとなっている。