Billboard JAPAN【先ヨミ・デジタル】新しい地図 join ミュージック「星のファンファーレ」が2.9万DLで現在首位

2019年5月31日 18:18
新しい地図 join ミュージック「星のファンファーレ」


GfK Japanによるダウンロード売上レポートから、2019年5月27日~5月29日の集計が明らかとなり、新しい地図 join ミュージック「星のファンファーレ」が29,554DLで首位を走っている。

「星のファンファーレ」は、2000万ダウンロードを突破したゲームアプリ『星のドラゴンクエスト』の応援ソング。作詞・作曲をNakajin(SEKAI NO OWARI)が担当している。本楽曲は、2018年12月にリリースした「#SINGING」の初動3日間売上1.7万DLを大幅に上回る29,554DLを現在までに売り上げており、自身初の週間チャート1位獲得にも期待できるだろう。

リリース以降、2週連続で首位を守ってきた菅田将暉「まちがいさがし」は、リリース3週目に突入した当速報でも17,939DLと高セールスを維持。同曲の累計ダウンロード数は、20万DLを超えた。

また、27日にオンエアされた音楽特番『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』で紹介されたUru「プロローグ」が、前週71位から速報10位に急上昇。週間チャート発表まで順位をキープできれば、19週ぶりのトップ10返り咲きとなる。

Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2019年5月27日~5月29日の集計)
1位「星のファンファーレ」新しい地図 join ミュージック
2位「まちがいさがし」菅田将暉
3位「Lemon」米津玄師
4位「Pretender」Official髭男dism
5位「Remember Me」MAN WITH A MISSION
6位「Sing Out!」乃木坂46
7位「マリーゴールド」あいみょん
8位「HAPPY BIRTHDAY」back number
9位「紅蓮華」LiSA
10位「プロローグ」Uru

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成しているが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となる。