令和元日にエイベックスよりデビューした話題のポスギャル・安斉かれん、コスメティックブランド「M·A·C」の店頭コレクションビジュアル「KOGAO」に登場

2019年5月16日 16:15
令和元日にエイベックスよりデビューした話題のポスギャル・安斉かれん、コスメティックブランド「M·A·C」の店頭コレクションビジュアル「KOGAO」に登場

デビュー前から、多くのファッション・メディアに登場し、M·A·Cの店頭コレクションビジュアルに「女性初ソロ・アーティスト」として再び登場することが決定するなど、今、注目を集めている“次世代ギャル(=ポスギャル)”の1人・安斉かれん。

令和元日には、デビュー曲「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をデジタルシングルとしてリリースし、ミュージックビデオはMTV「5月度前期 BUZZ CLIP」、M-ON!「5月度 M-ON! Recommend」の2冠を獲得し話題に。
 


第1弾の「TOKYO GIRL / TSUYA SKIN #MACKALENANZAI」に次いで、第2弾のコレクション「KOGAO #MACKALENANZAI」では、シェーディングだけでなくハイライトにフォーカスすることで、明るさと透明感を残しながら小顔”KOGAO”を表現できるアイテムを提案。

大人気ストロボクリームを筆頭に光を反射させるツヤアイテムで、360 度どの角度から見ても立体感のある小顔メイクへと変貌を遂げる。

理想のイメージに近づける、選べるパールカラーと共に、2019年5月20日〜2019年6月16日まで、M·A·C公式オンラインショップと全国のM·A·C店舗にて展開される。