ザ・コインロッカーズ、デビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」6/19発売

2019年4月23日 12:06
ザ・コインロッカーズ


総勢39人組の話題のガールズバンドプロジェクト「ザ・コインロッカーズ」が、日本テレビ系新土曜ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の主題歌に大抜擢された「憂鬱な空が好きなんだ」を、デビューシングルとして6月19日にリリースすることを発表した。

ザ・コインロッカーズは「夢は弾いてかなえろ!」をキーワードに掲げ、昨年の9月よりオーディションをスタートし、応募者1万人中からメンバー39人を選出。12月23日にバンド結成を発表した、楽曲毎にその世界観に合わせてメンバーを選抜する、世界にも類を見ない全く新しいガールズバンドプロジェクトだ。メンバーは音楽経験、年齢、キャラクターも様々な個性溢れる39名が所属している。

このザ・コインロッカーズの注目のデビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」は、作詞がプロジェクトの総合プロデューサー秋元康、作曲は、早川博隆と村山シベリウス達彦が担当。メロディアスながらも、ロックの疾走感が際立つバンドサウンドは、奇想天外な学園エンターテインメントドラマ「俺のスカート、どこ行った?」のストーリーを引き立てている。

この記念すべきデビュー楽曲「憂鬱な空が好きなんだ」についての気になる選抜メンバーは、4月29日にTOKYO MXで放送される彼女たちのオリジナルレギュラー番組「ロッカーに何、入れる?」(毎週月曜深夜25:05~25:35)の中で発表。結成より日々レッスンに励んできたメンバーの誰が選抜されるのか、密着ドキュメントによる緊迫の発表の瞬間を見逃しなく。

また、このデビューシングル情報公開にあわせ、ザ・コインロッカーズ初のライブツアーが発表された。

「SHOWCASE LIVE」と銘打ったライブツアーは前代未聞の公演数、約150公演に挑戦。このライブツアーは、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡のライブハウスを中心に展開される。

各メンバーが、このSHOWCASE LIVEシリーズで武者修行を積み、バンド結成時の公約としたワンマンライブ、12月23日にZepp Tokyoのチケットのソールドアウトを目指す。

そしてSHOWCASE LIVEツアーの第1弾スケジュール情報と、挑戦の第1歩となる、5月27日・28日下北沢GARAGE公演の参加受付がスタート。受付詳細はザ・コインロッカーズ公式サイトに掲載されている。