YOSHIKI「SONGS OF TOKYO」にて天皇陛下への奉祝曲「Anniversary」TV初披露、放送直後に世界中から感動の嵐

2019年4月22日 12:45
YOSHIKI「SONGS OF TOKYO」

4月22日、「NHK ワールド JAPAN」にて「SONGS OF TOKYO」が放送され、第一回目のゲストである YOSHIKIが、「ENDLESS RAIN」の演奏に続き、天皇陛下御即位十年の奉祝曲「Anniversary」をTVで初披露し、終わりゆく平成から新元号・令和へ向かう思いを込めた、渾身のパフォーマンスを行った。

番組内でYOSHIKは、平成元年に「X(後にX JAPANに改名)」としてメジャーデビューしてから30年間における波乱万丈な半生が培った不屈の「想い」や、世界に挑戦し続ける理由などに加え、HIDEの死後、うつ状態に陥りLAの自宅で引きこもっていたことも告白し、「過去は未来によって変えられる」という信念で困難を乗り越えてきたことを熱く語った。

放送直後には、世界中から、
「Tears still rolled down my eyes after listening to your beautiful piano.」
「Elegant and touching performance! Even it hurts every time seeing you cry but thank you Yoshiki I love you so much!」
「アメリカでリアルタイムに観ました。映像とともに聴いたアニバーサリー、とても感動しました。未来をどう生きるかで過去を変えられる。心に響きました。これからの活躍ずっと応援しています。」
「HIDEやTAIJIの映像も出てきて 目頭が熱くなりました。平成最後に、そしてこの記念すべき30周年の日にAnniversaryが聴けてとても幸せです。」
「生命力に溢れた力強いメッセージに心震えました!『人は生かされてる』『生きるという意志も必要』『使命を見つけるために生きている』生きている意味、これからも考え続けていきたいと思います。」
「時代が変わる時の Anniversary は、また新しい時代の中での希望なのかもしれない。心のこもった演奏をありがとうございました。」
などの感動コメントが SNS に殺到した。

また、この放送は、デビュー30周年の日と重なり、ファンからは歓喜の声が相次いだ。

YOSHKI は「演奏していて感動で涙が溢れました」と語り、自身の SNS にてこのように投稿している。
 

4月22日 (月)、6時10分 &12時30分 & 18時30分から
NHKworld SongsOfTokyo にて、世界放送、及び
ストリーミング→ https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
で Anniversary & EndlessRain が放映されます。
平成 から 令和 へ、想いを込めて演奏しました。
みんな見るように!
YOSHIKI