TM NETWORK、ライヴ・フィルム上映会にメンバーの木根尚登の登壇が決定

2019年3月20日 16:34
TM NETWORK 木根尚登


今から遡ること25年前、1994年4月21日。小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登による黄金ユニット“TM NETWORK”デビューからちょうど10年となるこの日、彼らがデビュー時に設定した第一段階(ファースト・ミッション)の目的と到達点をクリアしたという理由から、3人のメンバーのメッセージとともに「TMN終了」が突然発表された。この「終了」宣言と同時に発表されたのが、10年間の集大成であり、活動第一段階の最終公演である「TMN 4001 DAYS GROOVE」5月18日・19日、東京ドームでの2日限定公演である。4月29日、両日で10万枚のチケットが発売され即日完売した。

それからちょうど四半世紀が経過した2019年。そのTMN終了コンサートを捉えたライヴ・フィルム「TMN final live LAST GROOVE 5.18」「TMN final live LAST GROOVE 5.19」を2作連続全36曲/5時間超で[一挙見]する上映イベントが開催されることが発表になった。TM NETWORKデビュー35周年の記念日にあたる2019年4月21日限定で、全国14都市34の映画館にてプレミアム上映される。

この上映に、TM NETWORKのメンバーの木根尚登が登壇する。(TOHOシネマズ 新宿のみ。本編上映前に登壇予定)まさしくデビュー35周年の記念日に、メンバーの顔を拝めるというまたとない機会。これは、FANKSならずとも垂涎の登壇となりそうだ。またそのホスト役には音楽評論家のふくりゅうが司会進行役として登壇する。

衝撃の事件となった1994年の終了宣言を始め、数多くの歴史を作った本人達と、時の目撃者としてTM NETWORKと共に歩み続けたふくりゅう。35年の歳月を経て、いまだからこそ語れる話を含め、非常に興味深い話が聞けそうだ。そんなTM NETWORKの木根尚登の登壇を記念して、メンバーから嬉しいプレゼントが届いた。東京ドーム公演からTM NETWORKの代表曲「SELF CONTROL(方舟に曳かれて)」[2019リミックス&HDリマスタリングver.]が、本邦初公開された。ドラマチックかつ華麗に演出されたこのファイナル・ライヴを20台ものカメラを駆使して余すところなく捉えた映像に、最新のHDリマスリング作業(レストア化)を施している。

サウンド面では、当時のミックス・エンジニア坂元達也氏が、マルチトラックから最新リミックス(2019リミックス・サウンド)を施している。映画館での上映は、全36曲が最新5.1chリマスタリングを施されるということだ。

4月21日は、全国の映画館で、1994年のアノ東京ドームにタイムスリップ。劇場空間のダイナミックな音響と大迫力の画面で、25年前の感動と興奮が蘇える。25年前のあの日、TMNサウンドが無限に輝き放った音響は、その巨大な空間にいた10万人の視線や拍手や歓声を劇場空間で存分に感られるはずだ。前売券は、本日3月20日15:00より各プレイガイド、全国のコンビニエンスストアにて一般発売開始。