ももクロが音ゲーとのmaniaコラボ、beatmaniaにライブ初パフォーマンスの「Re:Story」が登場

2019年2月20日 19:00
「Re:Story」場面写真

ももいろクローバーZの「Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-」LIVE Blu-ray&DVDが2月20日に発売することを記念して、同月22日よりコナミアミューズメントの音楽ゲーム「beatmania IIDX 26 Rootage」に「Re:Story」が登場することが決定した。

ももいろクローバーZが昨年の8月4日、5日の2DAYS、千葉・ZOZOマリンスタジアムにて行った「Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-」は、2日間で計65,039人のファンがスタジアムに集結した夏の超大型ライブだ。

今作は2017年に引き続き、「スポーツとの融合」がテーマとなっており、ステージ上にスケートボードやBMXのランプ、バスケットゴールが設置されていた。

さらに、2020年の東京オリンピックより正式種目となるスケートボード、BMX、3×3バスケットボールに加え、ウィルチェアラグビー、ハーフマラソン、サムライ・ロック・オーケストラのパフォーマンス等ライブ中に様々なスポーツとのコラボレーションが披露された。

この度、ライブタイトルの「Momoclo Mania」とかけ、コナミアミューズメントの王道音楽ゲームである「beatmania IIDX 26 Rootage」にこのライブで初パフォーマンスされた「Re:Story」が登場する。

楽曲に合わせて実際のライブ映像も流れるので、臨場感溢れるプレイが楽しめそうだ。