ももクロ、海浜幕張駅にメンバー別コメント入り巨大シート&ポスター大展開

2019年2月18日 10:43
ももクロ

ももいろクローバーZが2月20日に「Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-」のLIVE Blu-ray&DVDの発売を記念して、JR海浜幕張駅のホームや駅構内にコメント入りの巨大シートや駅構内にポスターの展開をスタートさせた。

昨年の8月4日、5日の2DAYS、千葉・ZOZOマリンスタジアムにて行われた「Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-」。2日間で計65,039人のファンがスタジアムに集結した夏の超大型ライブだ。

ももクロ


今作は2017年に引き続き、「スポーツとの融合」がテーマとなっており、ステージ上にスケートボードやBMXのランプ、バスケットゴールが設置されていた。さらに、2020年の東京オリンピックより正式種目となるスケートボード、BMX、3×3バスケットボールに加え、ウィルチェアラグビー、ハーフマラソン、サムライ・ロック・オーケストラのパフォーマンス等ライブ中に様々なスポーツとのコラボレーションが披露された。

このライブ公演が行われたZOZOマリンスタジアムの最寄駅である海浜幕張駅の駅ホームに4箇所それぞれメンバー別の巨大シートと駅構内にはポスターが展開される。掲載は25日までの予定。

ももクロ