ザ・ローリング・ストーンズ展、メンバーが“企画展の見どころを大いに語る”追加映像到着

2019年1月23日 18:30
ザ・ローリング・ストーンズ


ザ・ローリング・ストーンズ自身が手がけたバンド史上初となる大規模な企画展「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」。

3月15日より日本に初上陸する企画展を前に、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッドの4人が見どころやファンに体験してもらいたいところなど、企画展について語った映像が一挙に公開された。それぞれメンバーが語る、貴重な映像となっている。

展示品の中にはミック・ジャガー、キース・リチャーズが若かりし頃共同生活をしていたことで知られている、イーディス・グローヴのアパートの再現があることもメンバー動画により明らかとなった。当時を懐かしみ語り合うミックとキース。果たして2人はどんなところで生活していたのか、3月15日にその全貌が明かされる。

展示数は500点以上、動員数は世界5ヶ所で100万人を突破という、音楽アーティストの企画展としては世界最大規模を誇る本企画展。

煌びやかなステージ衣装の数々、実際に使われたレアなギターなど、メンバー自信が選んで展示されている貴重なアーカイブ、そして「THE ROLLING STONES」の歴史と世界観を存分に堪能することができるはずだ。

また「THE ROLLING STONES」好きな各著名人から期待を寄せるコメントが続々と到着している。

先日第1弾を発表したばかりだが、新たに池畑潤二(Rock'n' Roll Gypsies/Heat Wave/The Roosters)、井上富雄、宇崎竜童、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、花田裕之、ふなっしー、THE BAWDIES、マーティ・フリードマン、レイザーラモンRGと、各界で活躍する著名人から期待を寄せるコメントが届いている。現在届いているコメントはオフィシャルサイトに掲載されている。

そして企画展開催初日である3月15日に、ザ・ローリング・ストーンズ「ヴードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン1995」が日本限定発売されることが発表された。

1995年に2度目の来日公演をした際に収録され、当時VHSとレーザーディスクで日本限定で発売されたものの、その後廃盤。現在まで商品化されなかったものがようやく発売される。会場限定の「スペシャル・エディション(特製スリーヴケース付/ステッカー3枚入り)」も発売決定。

「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」は3月15日から5月6日まで東京・TOC五反田メッセにて。チケットは発売中。