フレンズ、新曲「楽しもう」が篠原涼子主演映画『今日も嫌がらせ弁当』主題歌に決定

2019年1月22日 12:50
映画「今日も嫌がらせ弁当」

©2019映画「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

フレンズの新曲「楽しもう」が、初夏全国公開の映画『今日も嫌がらせ弁当』主題歌に決定した。

八丈島に住むシングルマザーが、高校生の反抗期娘に3年間キャラ弁を作り続けた様子を投稿し、人気を集めたブログを書籍化されたエッセイ「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊)は、エッセイとしては異例の発行部数シリーズ累計20万部を突破し大ヒット。

本作は、そのエッセイを基に映画オリジナルの物語で構成したストーリーとなり、ラストに訪れる反抗期娘から母へのメッセージには誰もが共感する、感動作。

主演の篠原涼子が母親役を演じ、反抗期の高校生役を芳根京子が演じるほか、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太らが出演。

監督・脚本は、「僕たちと駐在さんの700日戦争」「レオン」などを手掛けた塚本連平が脚本・監督を務め、八丈島の雄大な自然の中で暮らす登場人物をユーモラスに生き生きと描く。

フレンズにとって初の映画主題歌となる本楽曲は、映画のストーリーに寄り添って書き下ろされた母娘のお弁当をめぐる感動の物語に明るく爽やかな余韻を与える作品となっている。

今回の主題歌起用について塚本監督は「映画を1回り広げてもらう曲を」と言うかなりアバウトなお願いをしましたが、2回りも、3回りも広げてくれるとても素晴らしい曲を貰いました。明るく爽やかなメロディも好きですが、『1度きりの今だから最高に楽しもう』と言うフレーズが大好きです。前向きでハッピーな気持ちにしてくれる素敵な曲をありがとう!もう1つのお願い、私の二人の娘の名前も歌詞に入れてもらいありがとう!」とコメントを寄せている。

またフレンズのひろせひろせは「フレンズにとって初の映画主題歌ということでワクワクが止まらないです。そして一足先に映画を観させて頂いたのですが『楽しもう』が流れたその時に『あ、この曲が書けてよかったな』と心の底から思いました!この素敵な映画に参加させていただき光栄です!本当にありがとうございました!」、おかもとえみは「最高に楽しみながら、記憶を思い出しながら、ぽろぽろと泣きながら自分の歌を聴く初めての経験になりました。フレンズを選んでいただきありがとうございました。」とそれぞれ本作についての思いをコメントしている。