ヤバT、『関ジャム』恒例「2018年の年間ベスト10」でいしわたり淳治の1位に選出

2019年1月22日 12:39
ヤバイTシャツ屋さん

ヤバイTシャツ屋さんの「かわE」が、1月20日に放送されたテレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」の「2018年の年間ベスト10」でいしわたり淳治の1位に選ばれた。

この企画は番組の人気企画で、音楽プロデューサーの蔦谷好位置、いしわたり淳治、mabanuaが独自の目線で、本気で選んだ「年間マイベスト10曲」を発表。これまで様々な反響を呼んできた企画だ。

いしわたり淳治の「2018年の年間ベスト10」で1位に選ばれたヤバイTシャツ屋さん「かわE」は、現在公開中の映画『ニセコイ』の主題歌にも抜擢されている楽曲。

いしわたり淳治は「サビの『かわE 越して かわF やんけ!』『恥ずかC 越えて 恥ずかD やんけ!』という言葉遊びが爽快です。『〇〇E 越えて 〇〇Fやんけ』『〇〇C 越えて 〇〇Dやんけ やんけ』という言葉は日常生活で使えるシーンも多く、これが世間に広まれば音楽は流行語を取り戻す可能性を秘めた1曲だと思いました。」「いつか流行語(大賞)を獲ったら面白いなという感じがしたんですよね」とコメント。

この放送を受け、各配信サイトでは「かわE」が軒並み上位に大幅ランクアップし、Twitterを中心に「かわE」というワードを使用したツイートや、「○○ちゃんはかわE 越えて かわF やんけ」など、番組を受けてヤバTの「かわE」をアレンジしたつぶやきが増え、「最近かわEとかかわFをやたらと目にするから何なんこれと思ってたけど、ヤバTの曲やったんか‼」「今気づいたけどヤバTすげえ…また学校でかわE超えてかわF使いまくろ」などヤバイTシャツ屋さんの影響で最近目にしていたツイートの理由を理解した人など多数のツイートが見られた。