ヤバT・ゆかりの街をナビゲート、ソウルフードから恩人との再会までヤバTの“ルーツ”を辿る特別番組をオンエア

2018年12月7日 14:06
ヤバイTシャツ屋さん「Tank-top Festival in JAPAN」SPECIAL

12月19日にアルバム「Tank-top Festival in JAPAN」をリリースするヤバイTシャツ屋さん(通称:ヤバT)のリリース記念特別番組を、12月18日にスペースシャワーTVでオンエアする。

キャッチーすぎるタイトルと、常に話題性のある斬新なMVで世間を沸かせているヤバT。番組では、独創性の塊とも言えるモンスターバンドを形成した「秘密」を探るべくバンド結成から自主制作で活動していた時期を過ごした大阪芸術大学を目指し、大阪・富田林市喜志町付近にてロケを敢行した。

メンバーが青春時代を過ごした大阪芸大の最寄りとなる近鉄長野線・喜志駅で待ち合わせ。喜志駅周辺には、何度食べたかわからないほど食べたという思い出のソウルフードや、日々ファッションセンスを磨いた(?)行きつけのショップに立ち寄ったりと、思い出話に花を咲かせながら大阪芸大を目指す。懐かしいキャンパスの部室で彼らを待ち受けていたのは、後輩たちの熱い歓迎だった。

ラストはヤバTが結成当初からライブを行っていた三国ヶ丘FUZZへ。恩人との再会の後、気になる新作「Tank-top Festival in JAPAN」についてじっくりと話を聞いた。

ソウルフードにキャンパスライフ、恩人との再会まで。番組ではヤバイTシャツ屋さんのルーツと、その魅力を丸ごとお届けする。

photo by Akitake Kuwabara