LUCKY TAPES、漫画家・此元和津也が初の実写脚本を手掛けた「ルミネ」クリスマス限定ドラマ主題歌を担当

2018年11月29日 12:49
「MATCH girls」

LUCKY TAPESの最新アルバム「dressing」収録曲「ワンダーランド」が、ルミネのクリスマス限定ドラマ「MATCH girls」の主題歌に決定し、本日11月29日より予告編が公開された。

「MATCH girls」は、「セトウツミ(少年チャンピオン・コミックス/秋田書店)」で一躍脚光を浴びた漫画家・此元和津也が初のオリジナル実写脚本に挑戦し、W主演に若手実力派女優の中村ゆりかと岸井ゆきの、監督にドラマ「忘却のサチコ(テレビ東京)」を手掛ける山岸聖太を起用した、ルミネ2018年のクリスマスキャンペーン「HAPPY HAPPY END」の一環として制作されたクリスマス限定ドラマ。

キャンペーンのメッセージである「ハッピーエンドにしませんか」をコンセプトに、「マッチ売りの少女」を現代の東京を舞台に再解釈した意欲作となっており、アルバム「dressing」を締めくくる、透明感溢れる高橋海の歌声と壮大でファンタジックなアンサンブルのラスト・トラック「ワンダーランド」が、“ハッピーエンド”にリメイクされたストーリーと絶妙にシンクロし物語のエンディングを彩っている。

本日公開された予告編に続き、12月10日にはドラマ本編が公開予定となっている。