井上陽水ボックスセットにTVCM映像収録決定、懐かしのセフィーロCM「お元気ですか。」ら収録

2018年11月26日 11:51
井上陽水 日産・セフィーロCM

1969年9月1日「アンドレ・カンドレ」名義でデビューから、2018年9月1日にデビュー50年目を迎えた井上陽水。50周年の企画として過去のアルバム26タイトルを収録したボックスセット「YOSUI BOX Remastered」を2019年1月30日に発売する。

このボックスセットにボーナスDVDとして、井上陽水が過去に出演したTV-CM映像が収録されることが決定した。

平成元年元日より放送された日産・セフィーロのCM。助手席に乗った陽水がおもむろに「お元気ですか。」と喋るCM。あまりに強烈なインパクトにより、井上陽水=「お元気ですか。」と記憶されている。

実は「お元気ですか。」という言葉は陽水のアドリブ。台本になく、思わず口走った言葉が、自身のパブリックイメージの1つとなるとは、おそらく本人も想像できなかったと思われる。

またこの時、陽水が助手席に乗っているのは、運転免許を持っていなかったため。(今では運転免許を取得している。)平成元年に放送されたこのCMを平成最後の年に再び見られるのは感慨深い。

その他、糸井重里の「くうねるあそぶ」のコピーも話題となった日産・セフィーロ「くうねるあそぶ」篇、1984年、86年に放送されたサントリー 角瓶のCMも、おもむろに井上陽水が冷蔵庫から電話機を取り出す、独特の世界観に包まれたCM作品。

伊藤若冲の巨大な絵の上に陽水が寝そべるキリン 聞茶「若冲」篇は、当時(2001年)に本人が若冲に興味を持っており、提案した企画。生誕300年の2016年の若冲ブームが起こる前のこと。どれも、時代を彩ったCMと井上陽水の音楽を改めて再確認できる映像となっている。

ボックスセットは、日本発のミリオンセラーアルバム「氷の世界」、「少年時代」「最後のニュース」も収録されたアルバム「ハンサムボーイ 」、セルフカバーアルバムの先駆けともなった「9.5カラット 」等々、名盤の数々を収録。

初期70年代はポリドール作品、以降、フォーライフミュージックエンタテイメント時代、そして現所属のユニバーサル ミュージック、とレコード会社の垣根を越えた豪華ボックスとあわせて、CM映像も楽しんでいただきたい。

なお、井上陽水の過去のアルバムはダウンロード、ハイレゾ、ストリーミングでも配信中〈一部タイトル除く)だ。